ご希望の野球場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

スポランド
野球場
トップページへ戻る
トップページへ戻る

野球情報

野球場の歴史



野球は、1872年、第一大学区第一番中学(のちの開成学校、現在の東京大学)のアメリカ人教師、ホーレス・ウィルソンによって、日本に伝えられました。それから学生野球が普及し、社会人野球やプロ野球が整備されて、今では日本で最も人気のあるスポーツのひとつとなっています。その間、選手の技術や用具も進化してきましたが、野球場もまた形を変えてきました。

日本での野球場の誕生

日本での野球場の誕生

1878年、日本で最初の野球チームとされる新橋倶楽部が、品川八つ山下(現在の品川駅あたり)に「保健場」という名前の野球場を造りました。これが日本で最初の野球場とされています。1898年に倶楽部が解散すると、学生野球が盛り上がります。このころの慶応大学のグラウンドは、ホームベースからセカンドベースが長く、ファーストベースからサードベースが短い、菱形だったそうで、ベースが正方形に並んでいる他のグラウンドへ行くと戸惑った、なんて記録が残っています。1903年には慶応大学が三田綱町球場を造り、初めての早稲田大学と慶応大学との試合(早慶戦)が行なわれました。1902年には早稲田大学の戸塚球場が完成しており、他にも明治大学の明治大学球場などが造られました。電鉄会社も沿線開発の一環として、鳴尾球場や豊中球場などを建設していきました。

本格的な野球場建設

本格的な野球場建設

日本初の本格的な野球場は、1924年に兵庫県西宮市に造られた、阪神甲子園球場です。それまで全国中等学校優勝大会(現在の全国高等学校野球選手権大会・夏の甲子園)は、豊中球場(大阪府豊中市)、鳴尾球場(兵庫県西宮市)で行なわれ大成功を収めましたが、阪神甲子園球場の完成をきっかけに全国中等学校優勝大会は阪神甲子園球場に移されることとなりました。

1926年には明治神宮野球場が完成し、東京六大学野球などが行なわれました。これらの球場は、現在でも野球選手の憧れとなり、数々の名場面の舞台となってきました。

1936年にプロ野球が始まると、阪急西宮球場や後楽園球場がプロ野球用に造られました。プロ野球は太平洋戦争によって中断したものの、1946年には学生野球とともに再開され、中日スタヂアム,大阪球場、駒澤野球場などが建設されました。また国民体育大会などをきっかけに、公営の野球場も整備されていきました。1958年には、プロ野球の全本拠地でナイター設備が設置され、公営野球場でも整備が進み、プロ野球の発展を支えていきました。

本場アメリカの球場を手本に

本場アメリカの球場を手本に

1976年にアメリカの流行を受けて、後楽園球場に芝の設置が簡単な人工芝が敷設されると、それを生かした多目的球場が登場します。1978年には可動式のスタンドや昇降式のマウンドなど、野球以外にも大規模なコンサートなどにも使用できる横浜スタジアムが建設されました。1988年に日本初のドーム球場である、東京ドームが完成すると、福岡、大阪、名古屋、札幌と、次々とドーム球場が建設されました。

1995年に、野茂英雄選手がメジャーリーグに移籍して活躍すると、新古典派と呼ばれるボールパークに注目が集まります。日本でもグリーンスタジアム神戸などでフィールドシートが設置されるなど、メジャー流の設備が取り入れられるようになりました。2009年に新規の野球場として完成したMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島では、屋外型、左右非対称のフィールド、完全天然芝など、アメリカのボールパークを参考に建設され、今後の日本の球場のひとつの方向性を見せています。