ご希望の野球場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト野球場リサーチ

野球情報

明治神宮野球場



日本国内において、甲子園が西の野球の聖地なら、東の聖地は明治神宮野球場ということになるでしょう。プロ野球では東京ヤクルトスワローズの本拠地球場であり、アマチュア野球では東京六大学野球や、高校野球の東東京大会などが行なわれています。

明治神宮野球場と東京六大学野球

明治神宮野球場と東京六大学野球

1925年に東京六大学野球連盟が結成された翌年、明治神宮外苑に建設したのが明治神宮野球場です。建設には、絵画館など外苑全体のバランスを考えて、高さを制限したり、美観を損ねないスタンドにすることに注意が払われたそうです。開場式には摂政宮裕仁親王(のちの昭和天皇)と閑院宮載仁親王が臨席し、東京六大学野球連盟に摂政杯が下賜されました。

東京六大学では、この年の秋季リーグから一部の試合で明治神宮野球場を使用していました。1931年には、集客力のある対戦で、収容能力不足が見られたことから、スタンドを増築して31,000人だった収容人数は58,000人に増やされました。明治神宮野球場の建設や改築にあたって、東京六大学野球連盟が資金の一部を提供したことなどから、六大学野球が優先的に使用することとなっています。

プロ野球の使用

プロ野球の使用

明治神宮野球場では、開場以来長らくアマチュア野球の利用しか認められませんでした。プロ野球の使用が認められたのは、1962年の東映フライヤーズ(現在の北海道日本ハムファイターズ)でした。1964年の東京オリンピック開催に伴い、1961年に東映フライヤーズの本拠地球場だった駒澤野球場が閉鎖されたため、学生野球を優先することを条件に、使用することになったのです。1964年には、後楽園球場を本拠地としていた、国鉄スワローズ(現在の東京ヤクルトスワローズ)の通年使用が認められました。そのため、東映は主に後楽園球場で試合を行ない、翌年には国鉄と入れ替わる形で後楽園球場を専用球場としました。

食事をしながらのんびりと

食事をしながらのんびりと

明治神宮野球場は、1978年の改修まで、外野スタンドは芝生席となっており、寝そべって観戦したり、シートを広げてピクニックのように観戦する観客も見られたそうです。ホームランボールなどには気をつけたいものですが、のんびりと食事しながらの観戦も、楽しそうです。現在、明治神宮野球場には、弁当やカレー、ラーメンなどのお店がある他、ファストフードやアイスクリームのチェーン店も入っています。アイスクリームは売り子販売も行なっており、暑い夏などに好評です。

公共交通機関でのアクセスが便利

公共交通機関でのアクセスが便利

明治神宮野球場には、専用の駐車場がありません。周辺の民間駐車場や路上パーキングなどを利用することになりますが、近隣には国立霞ヶ丘陸上競技場などがあり、大規模イベントなどで混み合うことも考えられます。徒歩圏内に電車の駅が複数あるので、公共交通機関が便利です。運悪く、野球と近隣施設のイベントが重なると、帰りの駅が混むので、Suicaなどの乗車カードを持って行くか、帰りの切符を買っておくといいでしょう。

公共交通機関でのアクセス
東京メトロ「外苑前」駅より徒歩約5分
JR「信濃町」駅より徒歩約12分
JR「千駄ヶ谷」駅より徒歩約15分
都営大江戸線「国立競技場」駅より約12分
車でのアクセス
首都高速外苑ICより約5分