ご希望の野球場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト野球場リサーチ

野球情報

プロ野球チームの本拠地
「西武プリンスドーム」



西武プリンスドームは、屋根で覆われたドーム球場ながら、屋根とスタンドの間に壁が設置されていないため、自然の風が通り抜ける、半屋外の球場です。プロ野球の埼玉西武ライオンズのホームグラウンドとして知られ、草野球やコンサートなど、様々なイベントにも利用されています。

西武ライオンズとともに生まれた球場

西武ライオンズとともに生まれた球場

西武プリンスドームは、元々西武園球場という小規模な球場で、アマチュア野球を中心に開催されていました。1978年にプロ野球の開催できる球場として改築が始まると、西武ライオンズの本拠地球場となることが決まり、1979年に屋外球場の西武ライオンズ球場として開場しました。1996年に、ドーム化の構想が発表され、1998年に観客席部分に金属屋根が取り付けられると、西武ドームと改称されました。現在の形になったのは1999年のことです。西武ライオンズ球場に後から屋根を架設するという、異例の方法がとられたのですが、そもそも西武ライオンズ球場は、将来ドームを架設できるように設計されていたそうです。2007年には、スタジアムを快適な感動空間とすることを定め、売店やトイレなど観客向けの設備の大改修が行なわれました。

ドームなのに場外ホームラン!

ドームなのに場外ホームラン!

西武プリンスドームの特徴は、なんと言っても半屋外ということでしょう。フィールドとスタンド全体を覆う屋根のある、全天候型ドームであるものの、スタンドと屋根の間が開いているため、密閉空間とはなっていません。そのため、日本で唯一の場外ホームランの出るドーム球場となっているのです。また春先や秋の寒さや夏の暑さにも、屋外球場のように対策が必要です。西武プリンスドームの場内では、冷たいビールやアイスクリーム、温かい甘酒やホットコーヒーなどが販売されているほか、名産である狭山茶が、夏はアイスで、冬はホットで販売されています。

人工芝席でのんびり観戦

人工芝席でのんびり観戦

西武プリンスドームの外野席は、ほとんどが座席のない人工芝席となっており、プロ野球12球団の本拠地球場としては唯一の、珍しいスタイルとなっています。シートなどを敷いて、のんびりと観戦を楽しむことができるので、ぜひスタジアムで体感してみて下さい。また応援席は通常、ホームチームが1塁側とライトスタンドとなるのですが、西武プリンスドームでは1塁側より3塁側の方が店舗や施設などが充実していることから、3塁側とレフトスタンドがホームチームの応援席となっています。自由席でも、チケットの購入時に1塁側と3塁側を選ぶことになるので、間違いのないように気をつけましょう。

車で来場するなら少し早めに

車で来場するなら少し早めに

西武プリンスドームは西武球場前駅のすぐ目の前にあり、迷うことはありません。試合開催日には臨時電車が増発されているので、次々に電車が来るのもうれしいところ。多摩都市モノレールの上北台からは、シャトルバスが出ているので、多摩湖と周辺の自然を見ながら球場へ行けます。西武プリンスドームには、専用駐車場も完備されていますが、試合によっては混雑が予想され、4つある駐車場も、近い場所から埋まっていきます。周辺には民間駐車場もたくさんあり、よほどのことがなければ満車になることはありませんが、少し歩くことを考えて早めに到着するようにしましょう。

公共交通機関でのアクセス
西武狭山線・山口線「西武球場前」駅より徒歩すぐ
西武西武園線「西武園」駅より徒歩約25分
プロ野球開催時のアクセス
多摩都市モノレール線「上北台」駅よりシャトルバスで約15分
車でのアクセス
首都圏中央連絡自動車道入間ICより約10分