ご希望の野球場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト野球場リサーチ

野球情報

プロ野球チームの本拠地
「福岡 ヤフオク!ドーム」



福岡ソフトバンクホークスの本拠地球場である福岡 ヤフオク!ドームは、日本のプロ野球の本拠地のなかで最も西にある球場です。東京ドームに次いで2番目にできたドーム球場で、ドーム球場としては日本一の建築面積を誇る、多目的スタジアムです。

白熱の投手戦が期待できる球場

白熱の投手戦が期待できる球場

福岡 ヤフオク!ドームのフィールドは、内外野ともに芝目の長いロングパイル人工芝が敷かれており、広さは外野フェンスまで両翼100m、センターまで122mと標準的といえます。ただし外野フェンスの高さが、プロ野球の本拠地球場では最も高く設定されており、ホームランの出にくい球場と言われています。ファウルグラウンドも標準的な広さでしたが、2008年に取り外し可能なフィールドシートを設置したことで、外野側はとても狭くなっています。

日本で唯一の開閉式屋根のある球場

日本で唯一の開閉式屋根のある球場

福岡 ヤフオク!ドームの最大の特徴は、なんと言っても日本の野球場では唯一となる、開閉式の屋根ではないでしょうか。3枚のパネルでできた屋根のうち2枚が、約20分かけて旋回移動することで開閉します。福岡 ヤフオク!ドームの屋根は、基本的には閉じた状態で使用されていますが、晴れた日に福岡ソフトバンクホークスが勝利すると、屋根を開けて花火が打ち上げられます。また、2008年にホークスが低迷した際には、流れを変えようと屋根を開けて試合が行なわれ、2012年からは年に2試合程度「ルーフオープンデー」が実施され、観客には好評のようです。

試合前にも楽しめる

試合前にも楽しめる

福岡 ヤフオク!ドームを囲むデッキには様々な施設があり、来場者を楽しませています。8ゲート正面のオフィシャルグッズショップ「ダグアウト」では、ほぼすべてのホークスグッズを取り扱っています。ホークスを応援するなら、試合前には高さ2mの鷹観世音菩薩で必勝祈願に行きましょう。5~7ゲートのデッキには、「暖手の広場」と呼ばれる場所があり、文化・スポーツ・芸術など様々な分野で活躍した著名人の立体手形を再現したブロンズのモニュメントが展示されています。ホークスの王貞治会長をはじめ、マイケル・ジャクソンやポール・マッカートニーなど、世界的に著名な手形が並んでいるので、機会があれば握手してみて下さい。

福岡の中心地から直通

福岡の中心地から直通

福岡 ヤフオク!ドームへは、福岡の中心地である博多や天神から直通の、地下鉄でのアクセスが便利です。バス停も多くあるので、公共交通機関での来場がおすすめです。一部の公式戦やイベント時には、北九州、筑豊、久留米から臨時高速バスも出ているので、ホームページなどで確認してみましょう。福岡 ヤフオク!ドームには駐車場もありますが、台数に限りがあるので注意しましょう。どうしても車で来場したい場合は、各試合300台限定で事前に予約券を販売しているので、利用しましょう。

公共交通機関でのアクセス
地下鉄「唐人町」より徒歩約12分
西鉄バス「ヤフオクドーム前」より徒歩
西鉄バス「国立医療センター」より徒歩
西鉄バス「ヒルトン福岡シーホーク前」より徒歩
大規模イベント開催時のアクセス
天神バスセンターより臨時バス
博多バスターミナルより臨時バス
車でのアクセス
福岡都市高速道路西公園ランプより約5分
福岡都市高速道路百道ランプより約5分