ご希望の野球場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト野球場リサーチ

野球情報

野球を盛り上げる、ウグイス嬢



野球場の主役はなんと言っても選手です。選手がグラウンドで躍動する姿は、ファンをワクワクさせてくれます。その一方で、声で活躍している人たちもいます。出場する選手や、交代などを観客に分かりやすく伝えてくれる「ウグイス嬢」です。ウグイス嬢は、どんな人が務めているのでしょうか。

ウグイス嬢の役割と規定

ウグイス嬢の役割と規定

ウグイス嬢の役割は、場内アナウンスをすることです。アナウンスする内容は、スターティングメンバー・選手交代・打席に入る選手の名前などで、いわば野球の試合の進行役といってもよいでしょう。そしてウグイス嬢は、アナウンスという役割だけでなく、「ここで、この選手の登場!」という盛り上がりを演出する重要な役割を果たしています。

高校野球では、アナウンスのマニュアルが定められています。例えば、選手名のアクセント。ひとつの大会のなかで、発音に違いができないよう、事前に確認を行ないます。また、選手名は名字に「君」をつけて呼ぶのですが、「加藤一郎」「加藤次郎」などのように、同じチームに同姓の選手が二人以上いる場合は、フルネームでアナウンスをします。他にも、ことばのアクセントや試合前の守備練習中のアナウンス、試合中のバッターコールや選手交代など、時と場合によって細かくアナウンス方法が決められています。

ウグイス嬢ってどんな人?

ウグイス嬢ってどんな人?

プロ野球の場合、ウグイス嬢は球団や球場の職員が務めることがほとんどです。高校野球の甲子園大会でも、試合中のアナウンスは球場職員が行ないますが、開会式と閉会式の司会は、NHK杯全国高校放送コンテスト兵庫県大会アナウンス部門で、成績上位の高校生4名が抜てきされます。また地方大会の場合は、地元の高校生が場内アナウンスを行うことが多いようです。例えば長良川球場で行われる県大会の場内アナウンスは、岐阜県立岐阜商業高等学校の放送部が担当しています。本来のウグイス嬢の役割とは別に、高校生の部活動として技術力を向上するという目的もあるようです。

変わった場内アナウンス

変わった場内アナウンス

場内アナウンスは、どこで聞いてもよく似ていると思いませんか。実は、ちょっと変わった場内アナウンスで注目を集めているウグイス嬢もいるのです。例えば、千葉ロッテのスタジアムアナウンサーを務める谷保恵美さんのアナウンスは、語尾が伸びるのが特徴で、特にサブロー選手の時にそれが際立っています。また、オリックス2軍のアナウンスを務める藤生恭子さんのアナウンスは、語尾が抜けるセクシーな声が動画サイトなどで注目され、話題を集めました。イレギュラーな形では、声優がアナウンスを務めたこともあります。2009年8月29日のオリックス・バファローズ対埼玉西武ライオンズの試合では、アニメ「タッチ」で浅倉南の声を演じた日高のり子さんによる、スターティングメンバーの発表が行なわれ、会場を盛り上げました。「タッチ」は高校野球が舞台となっている作品であることから、選手名は君付けでコールされました。

球場アナウンスは、人によってアナウンスの仕方が異なります。規約の範囲内で、それぞれのウグイス嬢が個性を発揮しているのです。また、球場によって味方チームと相手チームの選手紹介の仕方が違う、なんて球場もあります。試合の進行だけでなく、変わったアナウンスや特徴のある声で、ファンを楽しませ、盛り上げてくれているのです。

球場に足を運んだら、ぜひウグイス嬢のアナウンスに耳を傾けてみて下さい。