ご希望の野球場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト野球場リサーチ

野球情報

女子プロ野球の大会



プロ野球は男性だけのものではありません。日本には女子のプロ野球があるのをご存知ですか? 2010年に1年目のシーズンが開幕した後、試合方式の変更や参加チームの追加などが行なわれ、2013年からは、「ウエスト フローラ」「サウス ディオーネ」「イースト アストライア」「ノース レイア」の4チームが参加しています。

女子プロ野球ってどんな競技?

女子プロ野球ってどんな競技?

女子プロ野球は、2012年以前は、「京都アストドリームス」「兵庫スイングスマイリーズ」「大阪ブレイビーハニーズ」という3チームでリーグが構成されていました。2013年に東日本を本拠地とするチームが誕生し、それぞれ日本を東西南北で区別する「ウエスト フローラ」「サウス ディオーネ」「イースト アストライア」「ノース レイア」というチーム名に改変されました。基本的なルールは、男子のプロ野球と変わりませんが、女子硬式野球国際ルールに基づいており、試合は7イニング制で行なわれます。また、男子のプロ野球は木製バットの使用しか認められていませんが、女子は金属バットの使用も可能など、男子のプロ野球と違った規程も見られます。

女子プロ野球のチームに所属する選手は、高校の女子野球部経験者が多くいます。2012年、全国高等学校女子硬式野球連盟に加盟している高校は9校で、まだまだ数は少ないですが、女子プロ野球リーグと共に成長が期待されています。

4チームによるトーナメント戦「ティアラカップ」

4チームによるトーナメント戦「ティアラカップ」

ティアラカップとは、「ウエスト フローラ」「サウス ディオーネ」「イースト アストライア」「ノース レイア」の4チームによるトーナメントで争われる大会です。全国の各地域で、19大会76試合を行ないます。19回の大会それぞれで優勝チームが決まり、その優勝回数の多い2チームが、ティアラカップ優勝決定戦に出場し、年間のチャンピオンが決まります。

一つひとつの大会は、2日間で行なわれる短期決戦で、1日目に決勝進出チームが決まり、2日目は決勝戦と3位決定戦が開催されます。ティアラカップの試合は、7イニング制のうえに、決勝戦以外は1時間45分を経過した時点で次のイニングは行なわないことになっています。試合時間が短いため、迫力ある全力プレーが見どころとなっています。

選抜チームで試合を行なう「ビィクトリアシリーズ」

選抜チームで試合を行なう「ビィクトリアシリーズ」

ヴィクトリアシリーズは、「オールウエストJAPAN」と「オールイーストJAPAN」の2チームで試合を行ないます。「オールウエストJAPAN」は、ウエスト フローラとサウス ディオーネから、「オールイーストJAPAN」は、イースト アストライアとノース レイアからの選抜メンバーとなります。1年間で8試合開催されるヴィクトリアシリーズでは、登録される選手は1試合ごとに決まるので、実力のある選手はもちろん、直近のティアラカップで良いプレーをみせた選手など、多くの選手が出場する可能性があります。女子プロ野球の選抜メンバーが集まるわけですから、レベルの高い試合が期待できます。