ご希望の野球場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト野球場リサーチ

野球情報

野球場の利用の流れ



野球場をレンタルするには、基本的には事前の申し込み手続きが必要となります。また、試合を開催する場合には、メンバー全員の登録が必要となる球場もあります。あらかじめレンタルしたい球場の「利用の流れ」を確認しておくことが大切です。

球場の空きスケジュールを確認しよう

球場の空きスケジュールを確認しよう

プロ野球でも使用するようなメジャーな野球場をレンタルするときは、まず電話で問い合わせをしてみましょう。プロ野球の本拠地ともなれば、当然ですが公式戦(シーズン戦、交流戦、オールスター戦、日本シリーズ)のスケジュールが最優先となります。また、ドーム球場などはプロのミュージシャンによるコンサート等で、あらかじめスケジュールが抑えられている場合もあります。ただし、プロ野球の公式戦以外の優先順位は基本的には設けられていないので、日程さえ空いていれば誰でも予約申請することが可能です。球場によっては、空き状況をホームページで公開しているので、気になる球場があればチェックしてみて下さい。

申し込み手続きをしよう

申し込み手続きをしよう

野球場をレンタルするには「利用申込書」の提出が必要となります。また、球場によっては「メンバー表(チーム名、出場選手)」の提出を求められる所もあります。まずは電話で空き状況を確認し、口頭かWEB、または書類で予約手続きを行ないましょう。様々な審査を経て、球場担当者より抽選の結果(使用許可)が通達されます。無事に使用が認められたら、球場の窓口へ行き「利用申込書」を提出します。ただし、利用申込書の提出は、予約手続きの前に行なう球場もあるので、あらかじめ確認しておきましょう。その後、球場から入金に関する書類が送られてくるので、内容に従って入金手続きを済ませましょう。これらの手続きを完了すれば、晴れて球場をレンタルすることができます。

野球場の利用の流れ

  1. レンタルの計画(日程、参加チームなど)を立てる
  2. 電話で問い合わせ
  3. 審査(スケジュール調整、利用目的確認など)
  4. 許可
  5. 窓口で「利用申込書」を提出(WEB手続きの場合もあり)
  6. 入金手続き
  7. 球場の使用

※上記の内容は一例です。球場によって、手続きは異なります。

※各施設・設備毎に「利用申込書」の提出が必要な場合もあります。

問い合せから利用までにかかる期間は?

問い合せから利用までにかかる期間は?

野球場をレンタルするときは、使用日の2ヵ月前もしくは1ヵ月には予約手続きを始める必要があります。球場のスケジュール確認や審査には時間がかかるため、手続きを少しでも早く済ませたほうが、よりスムーズにレンタルすることが可能です。

球場の利用許可が下りた後には、基本的にキャンセルは認められません。野球場をレンタルするときには、日程や時間、メンバーの調整はもちろんのこと、その他の施設・設備の利用有無などを確認し、事前にしっかりと計画を立てておきましょう。

悪天候時の利用について

悪天候時の利用について

ドーム球場以外の屋外球場では、雨天時の利用は中止となります。その場合、料金は全額返還となりますので、返還の方法などを確認しましょう。また、たとえドーム球場であっても大雨や強風、台風、雷などの荒天となった場合は、球場側の判断で中止となる場合があります。天候の判断については、各自レンタルする球場窓口へ問い合せてみましょう。