ご希望の野球場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト野球場リサーチ

野球情報

福本選手は地元野球場で最多盗塁記録



868本のホームランを放ち、世界のホームラン王と呼ばれた王貞治選手、日本プロ野球史上唯一の400勝を達成した金田正一投手と並び、前人未到の大記録を残したのが、1065もの盗塁を決めた福本豊選手です。俊足を活かして、盗塁だけじゃなく二塁打と三塁打でも通算日本記録を作り、「足で客を呼べる男」と称されました。通算二塁打は2005年に中日ドラゴンズの立浪選手に破られましたが、通算115三塁打は、いまだに更新されていない大記録です。

知らなかったドラフト指名

知らなかったドラフト指名

高校卒業後、福本選手は社会人野球の松下電器でプレーしていました。そのころ、注目選手だった後輩の加藤秀司選手を目当てに来たスカウトの前で、好プレーを連発したことで、目に留まりました。1968年に、阪急ブレーブス(現在のオリックス・バファローズ)から、ドラフト7位で指名を受けます。しかし、本人はそのことを知らず、翌日、会社の同僚がスポーツ新聞を読んでいるのを見て、「なんかオモロイこと載ってまっか」と声をかけたところ、「お前、阪急から指名されとるやんけ」と返され、初めて気づいたそうです。

盗塁予告で世界タイ記録

盗塁予告で世界タイ記録

福本選手は、プロ入り2年目の1970年にレギュラーに定着すると、75盗塁を決めて盗塁王を獲得します。以降、1番・センターを定位置として、ブレーブスの黄金期を支える選手となりました。1972年、福本選手はメジャーリーグ記録のシーズン104盗塁を更新しました。9月22日、本拠地である阪急西宮球場での近鉄バファローズ戦、第1打席フォアボールで出塁すると、スタンドに向かってVサインを出し、盗塁予告をしたのです。球場が湧くなかで、執拗な牽制を受けながらも、絶妙なタイミングで盗塁を決め、世界タイ記録を達成しました。しかしこの盗塁予告について、福本選手は後日、「球団の営業に言われて仕方なくやったことで、相手のキャッチャーに失礼なことをした」と話しています。偉大な記録の達成よりも、相手キャッチャーを気遣う発言に、福本選手の温かい人間性が見えるエピソードです。

足だけじゃない、オールマイティープレーヤー

足だけじゃない、オールマイティープレーヤー

福本選手は2年目の1970年から1982年まで、実に13年連続で盗塁王を獲得します。しかしただ足が速いだけの選手ではないのです。歴代5位の通算2543安打を放ち、小柄な体格ながら208本のホームランを打つなど、バッティングセンスも非凡な選手でした。また、ダイヤモンドグラブ賞(現在のゴールデングラブ賞)を12回受賞し、ベストナイン10回、MVP1回と、オールマイティーに活躍する、スーパースターだったのです。

体格が小さく、非力だった福本選手は、新人時代に監督に振り切るバッティングをするよう言われ、グリップが太く、重さが1,000gを超える「つちのこバット」を使い、練習を重ねて長打力を身につけたそうです。盗塁についても、ピッチャーの癖を盗むためにビデオで研究するなど、努力を重ね、頭脳を使って活躍してきた選手でした。

国民栄誉賞を辞退

国民栄誉賞を辞退

シーズン106盗塁でメジャー記録を更新したことや、メジャーリーグの通算盗塁記録を抜く939盗塁を達成したことで、福本選手に国民栄誉賞の打診がありました。しかし、福本選手はこれを固辞したのです。そして、その理由を「立ちションベンもできんようになる」という名言を残しました。ユニークな福本選手らしい言葉とも言えますが、王選手がホームランで世界記録を達成したことで創設されたこの賞は、広く国民に敬愛されるような人物でないといけないという、福本選手なりの解釈があったのだそうです。そこには福本選手の謙虚な気持ちと、国民栄誉賞に対する真摯な思いがあったのです。