ご希望の野球場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト野球場リサーチ

野球情報

阪神甲子園球場「ラッキーゾーン」って何?



ラッキーゾーンとは、ホームランが出やすくなるように、外野フェンスのフィールド側に設けられた柵などで囲まれた場所のこと。フィールドの外側として扱われるため、この場所に入った場合でもホームランとなるのです。このラッキーゾーン第一号は、阪神甲子園球場に作られたものでした。

ラッキーゾーンがつくられた理由

ラッキーゾーンがつくられた理由

1924年にオープンした甲子園大運動場(現在の阪神甲子園球場)は、陸上競技場としても利用されることを念頭に置いて建設されていたため、両翼まで約110m、左・右中間は128mもあり、ホームランが出にくい球場と言われていました。1932年、日本選抜対メジャーリーグ選抜の試合が行なわれたときに、甲子園球場を訪れたベーブ・ルースは、「この球場は大きすぎる」と言ったほどでした。

その後、ホームランが野球の華であると注目されるようになると、甲子園球場でもホームランが出やすくしようという声が上がり始めます。そして、1947年5月26日、外野の両翼から左・右中間付近に金網の柵を設置することで、甲子園球場の両翼は91mに縮小されました。今までは外野フライだった打球でも、フェンスを越えればホームランになることから、「ラッキーゾーン」と名付けられました。甲子園球場以外にも、当時のプロ野球の規定に合わせる形で、神宮球場西京極球場、西宮球場などにラッキーゾーンが設置されました。ちなみに、5月26日は、ラッキーゾーンが初めて設置されたことから、「ラッキーゾーンの日」として記念日になっています。

ラッキーゾーンによって生まれたドラマ

ラッキーゾーンによって生まれたドラマ

甲子園球場に設置されたラッキーゾーンは、形を変えながら、1991年まで存続しました。ラッキーゾーンによって、高校野球でもホームランが生まれやすくなり、多くのドラマが生まれました。「KKコンビ」と呼ばれて注目を集め、甲子園のスターとなったPL学園の桑田真澄投手と清原和博選手は、1985年の全国高等学校野球選手権大会で2度目の優勝を果たします。その大会の準々決勝、高知商戦で、2人はアベックホームランを放つのですが、このときの桑田真澄のホームランは、ラッキーゾーンで生まれたものでした。

一方で、ラッキーゾーンが撤去されたあと、甲子園で初めてホームランを打った選手が、のちに読売ジャイアンツやニューヨーク・ヤンキースなどで活躍する松井秀喜選手でした。1992年の選抜高校野球大会の開幕戦に登場した、星稜高校の松井選手は、その試合で2本の豪快な本塁打を放ち、観客を湧かせました。

役割を終えたラッキーゾーン

役割を終えたラッキーゾーン

選手の体格が向上し、バットやボールなどの道具の品質も良くなったことから、打球の飛距離が伸びてきました。さらに野球の国際大会が開催されるようになると、球場の大きさは国際競技規格に合わせたものになっていきます。それに伴って、ラッキーゾーンは役割を終え、各球場で撤去されていきました。

2013年、東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地球場である、クリネックススタジアム宮城では、両翼からセンターフェンスまでのふくらみを埋めるようにして、Eウイングというフェンスが取り付けられました。球場の規格を破らない形で、外野フェンスを前に出したラッキーゾーンで、従来のフェンスとの間には客席を設けています。フェンスぎりぎりの迫力あるプレーが見られる席なので、機会があれば観戦してみてはいかがでしょうか。