ご希望の野球場情報を無料で検索できます。施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

文字サイズ

野球に関する用語(あ行)をまとめてご紹介しています。分かりやすく解説しているので、野球初心者の方でも安心してご活用頂けます。

野球用語集

野球用語を50音順に見やすくまとめました!探している用語の行を選択して下さい。

あ行

  • アウト
    あうと

    アウト(アウト)

    野球は2つのチームが対戦し、まず攻撃側か守備側かを決めます。先に攻撃する方を先攻と言い、守備につく側を後攻と言います。攻撃と守備は交代して行なわれ、1回ずつ攻撃を行なうことを、1イニングと言います。攻撃と守備の交代は、守備側がアウトを3つ取ると交代します。アウトを取るのには、ピッチャーがバッターを三振に取る、バッターが打った打球を地面に着く前に野手が捕球する、バッターがフェアゾーンに打った打球を、バッターが一塁に到達するより早く、捕獲し一塁ベースにタッチするか、一塁ベースを踏んでいる野手に投げることで成立します。

  • アウトコース
    あうとこーす

    アウトコース(アウトコース)

    ピッチャーが投げたボールが、バッターに遠いコースをアウトコースと言います。逆にバッターに近い方をインコースと呼びます。バッターはすべてのストライクコースに対応するため、ホームベースギリギリには立ちません。そのため、アウトコースいっぱいのストライクゾーンに投げるとバッターは遠いと感じて、バットが出ないことがあります。また、アウトコースの低め、通称アウトローはバットコントロールも難しいため、アウトローへのコントロールがピッチャーの生命線とまで言われます。

  • アピールプレー
    あぴーるぷれー

    アピールプレー(アピールプレー)

    守備側のチームが審判に対し、攻撃側がルールに則していない行為について、確認することをアピールプレーと言います。審判がアピールプレーの内容について認めれば、該当する選手はアウトとなります。これがアピールアウトです。例えば二塁打を打ったバッターが、一塁ベースを踏み忘れた場合などが該当します。アピールできるのは試合の流れにおける次のプレーが行なわれるまでの間です。ピッチャーが次のバッターに対して投球を行なったり、チェンジなのでベンチに戻るためにファウルラインを越えてしまった場合などがこれにあたります。

  • アメリカンリーグ
    あめりかんりーぐ

    アメリカンリーグ(アメリカンリーグ)

    野球は2つのチームが対戦し、まず攻撃側か守備側かを決めます。先に攻撃する方を先攻といい、守備に付く側を後攻と言います。攻撃と守備は交代して行なわれ、1回ずつ攻撃を行なうことを、1イニングと言います。攻撃と守備の交代は、守備側がアウトを3つ取ると交代します。アウトを取るのには、ピッチャーがバッターを三振に取る、バッターが打った打球を地面に着く前に野手が捕球する、バッターがフェアゾーンに打った打球を、バッターが一塁に到達するより早く、捕獲し一塁ベースにタッチするか、一塁ベースを踏んでいる野手に投げることで成立します。

  • アルプススタンド
    あるぷすすたんど

    アルプススタンド(アルプススタンド)

    阪神タイガースの本拠地であり、春夏の高校野球が行なわれる甲子園球場の内野席と外野席の間にある大観覧席をアルプススタンドと呼びます。もちろん和製英語です。高校野球の試合では、ブラスバンドやチアリーダーなどの応援団が、華やかに応援合戦を繰り広げます。アルプススタンドという名称は正式名称ではありませんが、今ではすっかり定着しているので、球場内の案内版にも使われています。昭和4年に増設されたときに、画家の岡本太郎氏の父親である岡本一平氏が表現したことから、新聞等で広く使われるようになったと言われています。

  • 安全進塁権
    あんぜんしんるいけん

    安全進塁権(アンゼンシンルイケン)

    安全進塁権とは、インプレーやボールデットにかかわらず、バッターもしくはランナーに、アウトになることなく、次の塁へ進むことが許されるルールです。バッターに適用される場合の例としては、死球、四球、打撃妨害などがあった場合に、安全進塁権がひとつ与えられます。また、ホームランに4つ、エンタイトルツーベースに2つなども安全進塁権です。ランナーに適用されるケースとしては、ボークが代表例です。ボークとは不正投球のことで、正しい動作でバッターに対する投球や牽制球が行なわれない反則のことで、この場合は安全進塁権がひとつ与えられます。

  • アンダースロー
    あんだーすろー

    アンダースロー(アンダースロー)

    アンダースローとは、ピッチャーが投げる際に、ボールを持った腕が水平より下の角度から投げる投球フォームを言います。直訳すれば下手投げですが、日本ではサブマリン投法とも言われます。玉筋が浮き上がるような軌道を描くことからであり、バッターとしては見慣れていない分、とても打ちにくいことが最大のメリットです。またオーバースローに比べて腕への負担が少ないとも言われています。デメリットとしては、球速が遅いという点です。プロでもせいぜい130km/h台ですので、バッターが慣れてしまえば致命的なスピードと言えます。

  • イースタンリーグ
    いーすたんりーぐ

    イースタンリーグ(イースタンリーグ)

    イースタンリーグとは、日本のプロ野球の二軍であるファームリーグを構成する2つのうちのひとつであり、もう一方をウェスタンリーグと言います。セ・リーグ3球団とパ・リーグ4球団の二軍で構成されており、所属する球団は、北から、北海道日本ハムファイターズ、東北楽天ゴールデンイーグルス、埼玉西武ライオンズ、千葉ロッテマリーンズ、東京ヤクルトスワローズ、読売ジャイアンツ、DeNA横浜ベイスターズの7球団です。一方のウェスタンリーグに所属する球団は、中日ドラゴンズ、阪神タイガース、オリックス・バファローズ、広島東洋カープ、福岡ソフトバンクホークスです。

  • イニング
    いにんぐ

    イニング(イニング)

    イニングとは回のことを言い、先攻の表と後攻の裏の2つに分けられ、一般的にビジターチームが先攻、ホームチームが後攻となります。各チーム3アウトになると攻守交代となり、表と裏が終了すると1イニングが終了したことになります。一般的に1試合9回となっており、延長戦になった場合は9回を超えることもあり、高校野球の地方予選などではコールドによって9回未満で試合が終了することもあります。また、最終イニングの表が終わった時点で後攻のチームがリードしている場合は裏の攻撃を行なわずに試合は終了します。

  • イレギュラー
    いれぎゅらー

    イレギュラー(イレギュラー)

    野球ではイレギュラーバウンドのことを言い、芝やグラウンドあるいはベースなどにボールがあたってバウンドが不規則に変化してしまうことを言います。特に打球を処理する際に多く見られ、イレギュラーバウンドによってボールを捕球することができなかった場合は野手の失策にはならずヒットが記録されます。天然芝や整備が不十分なグラウンドで良く起こり、バウンドが変わって顔に打球がぶつかることもあるので、そのような球場でプレーする際には注意が必要となります。

  • インコース
    いんこーす

    インコース(インコース)

    ピッチャーが投げたボールが通るコースのことで、本塁上のバッター腹部側に近い位置や本塁上でなくてもバッター腹部側の位置を指します。インコースを攻めるとバッターの腰が引けて踏み込みづらくなるため、アウトコースにも攻めやすくなりますが、デッドボールになってしまう可能性があるのでインコース攻めには正確なコントロールと勇気が必要になります。一般的にインコースの球に対しては「ひじをたたんで打つ」という指導がされることが多いです。

  • インサイドワーク
    いんさいどわーく

    インサイドワーク(インサイドワーク)

    インサイドワークは捕手が行なう頭脳プレーのことで、バッターの弱点などのサインをピッチャーに送り、バッターを打ち取りやすくします。勝負所でバッター一人一人の苦手なコース・球種を選択したり、ピッチャーの得意な球や調子が良い球などを捕手が考察・判断してサインを出します。インサイドワークを習得することは経験やバッターの裏を読む力などが必要とされるため、プロ野球選手であっても非常に難しいとされています。

  • インターバル
    いんたーばる

    インターバル(インターバル)

    ピッチャーが投げるボール一球一球の間隔のことで、ピッチャーの投球リズムも試合の上で重要になってきます。一般的に調子が良い状態だとインターバルは短くなり、どんどん次の球を投げ込んでいき、逆にピンチの場面などでは慎重になるため、インターバルは長くなりがちです。しかし、インターバルにも個人差があり、選手によっては常に長い人や短い人もいますが、あまり長すぎると野手のリズムが悪くなったり、試合時間が長引いてしまうことがあります。

  • インフィールドフライ
    いんふぃーるどふらい

    インフィールドフライ(インフィールドフライ)

    ノーアウトもしくは1アウトで一塁・二塁もしくは満塁の状況で、内野の守備位置で容易に捕球できそうなフライがあがった場合インフィールドフライが宣言されます。インフィールドフライは故意の落球によるダブルプレーを防ぐために設定されており、フライのノーバウンドによる捕球の有無にかかわらずバッターはアウトになります。捕球の有無はランナーに影響を与え、捕球した場合は通常のフライと同様に、落球した場合はゴロのように扱われます。

  • ウイニングショット
    ういにんぐしょっと

    ウイニングショット(ウイニングショット)

    ウイニングショットはピッチャーがバッターに対して3つ目のストライクを取りに行く球で、決め球とも呼ばれます。ピッチャーによって球種やコースなどは異なりますが、基本的にそのピッチャーが一番得意なボールがウイニングショットとなります。ウイニングショットを有効に利用するためには、それより前のボールの配球が重要となりますので、読まれないようにしなければなりません。最近では変化球の多様化によって決め球をいくつも持っている選手も増えてきています。

  • ウイニングボール
    ういにんぐぼーる

    ウイニングボール(ウイニングボール)

    ウイニングボールとはその試合に勝利する際、最後のアウトとなった勝利を決定づけたボールのことです。ウイニングボールは毎試合勝利チームが手にしますが、プロになって初勝利をあげたピッチャーや偉大な記録をうちたてた選手、監督などに記念として渡されることが多いです。受け取った選手は自分の両親や恩師などに渡すことが多いですが、観客席に投げ込まれることもしばしばあります。プロ野球で良く目にしますが、高校野球などでもウイニングボールはチームに贈られます。

  • ウェーバー
    うぇーばー

    ウェーバー(ウェーバー)

    ウェーバーはプロ野球のドラフト指名の際に用いられる制度のことで、昨シーズンの順位によって指名順が変化します。アメリカなどで用いられている完全ウェーバー制ではどの指名巡目でも最下位のチームから順番に指名し、そのチームに独占交渉権が与えられますが、日本では部分的に用いられており、指名が競合した場合は抽選を行なって外れた球団は別の選手を指名します。また、指名巡目によって指名順が変化することも日本ならではの方法です。

  • ウエスタンリーグ
    うえすたんりーぐ

    ウエスタンリーグ(ウエスタンリーグ)

    ウエスタンリーグはプロ野球の2軍選手によるリーグ戦のことで、西日本に本拠地を置く球団によって編成されています。26回総当たりの104試合が行なわれ、1軍がパシフィックリーグに所属している球団が主催する試合では指名バッター制度がとられます。原則として延長戦は10回で終わり、試合によってはコールドゲームになるときもあります。コールドゲームのときは9回未満で打ち切られることもありますが、最低5回までは続行します。

  • ウエスト
    うえすと

    ウエスト(ウエスト)

    ピッチャーが投げるときに、ウエストボールやウエストピッチと表現されるボールがあります。語源は、west(西)ではなく、waste(無駄)です。スクイズや盗塁を警戒して、バットが届かない程に大きく外すボールのことを指して言われることがありますが、それはピッチアウトと呼ばれ、ウエストボールの本来の意味は、見せ球、釣り球、遊び球などと言われる球のことです。打ち気を逸らすためにゆるいボールを投げたり、外角で勝負するために、その前に1球内角にボール球を投げておくなどの投球を指しています。

  • エース
    えーす

    エース(エース)

    野球界に限らず、色々なスポーツ、競技でエースという表現が使われます。大黒柱、一番活躍する選手、たくさん点をとる選手などに対して使われますが、その語源とは一体なんでしょうか。1800年代に活躍したアメリカの選手で、エイサ・ブレイナードという方がいました。ニックネームは「エイサ」です。この選手が大活躍をしたことから、チームの大黒柱・切り札となる人物をエースと呼ぶようになったのが始まりと言われています。子供の憧れは「エースで4番」と言われます。

  • 永久欠番
    えいきゅうけつばん

    永久欠番(エイキュウケツバン)

    野球界では、その球団に多大な貢献をした選手や、偉大な成績を残した選手が着けていた背番号を、今後誰にも使用させず、末長く栄光を称えるために、永久欠番として残しておくことがあります。代表例としては、沢村栄治の14番、王貞治の1番、長島茂雄の3番、川上哲治の16番(以上巨人)や、藤村富美男の10番、村山実の11番(以上阪神)、衣笠祥雄の3番、山本浩二の8番(以上広島)などがあります。また、とてもユニークなところでは、東北楽天ゴールデンイーグルスの10番であり、これはファンのための永久欠番です。スターティングメンバー9人に続く10番目の人という意味です。

  • エラー
    えらー

    エラー(エラー)

    野球では、選手として一般的な技術レベルがあり、普通にプレーしていればアウトにできたのに、処理をミスしてアウトにできなかったプレーのことを言います。強い打球でグローブが弾かれアウトにできなかった場合などは該当しません。ヒットなのかエラーなのかは、公式記録員の判断に委ねられます。エラーで出塁しても、打席数はカウントされ、ヒット扱いにはなりませんので、打率は下がります。ノーヒット・ノーランの場合には、エラーで出塁したとしても有効です。

  • エンタイトルツーベース
    えんたいとるつーべーす

    エンタイトルツーベース(エンタイトルツーベース)

    フェアグラウンドにバウンドしてから、フェンスを越えた場合などにエンタイトルツーベースとなります。安全進塁権2つが与えられることになるわけです。バッターは二塁へ進み、一塁ランナーは三塁へ進むことになります。また、フェアエリアの打球に野手が触れたあとに、ファウルゾーンのスタンドに入った場合にもエンタイトルツーベースが適用されます。球場によっては、打球が挟まる可能性のある木やフェンス、溝などがある場合に、球場のローカルールとしてエンタイトルツーベースを定めている場合もあります。

  • オーバースロー
    おーばーすろー

    オーバースロー(オーバースロー)

    オーバースローの明確な定義は実はありません。投げるときに、ボールを持つ手が、肩より上であればそう呼ばれます。腕がやや下がった状態で投げるスリークォーターと分けて表現されることもありますが、明確に、腕が何度からどっちということではないようです。オーバースローは速い球やフォークボールを投げるのに向いています。オーバースローは和製英語で、英語圏でover throwと言うと「暴投」を意味する言葉になります。なお、英語では、overhand pitchと言います。

  • オーバーラン
    おーばーらん

    オーバーラン(オーバーラン)

    オーバーランとは、バッターやランナーが塁を超えて走ることを指します。打ったバッターが全力疾走で一塁を駆け抜けるシーンをよく目にすると思います。バッターの一塁への走塁は、オーバーランして塁を離れても構わないと定められています。ただし、打球の行方や野手のプレーから、二塁を狙うために走り出したり、狙う行動を見せたりしたら適用されず、一塁へボールが返球され、タッチされてしまうとアウトになります。二塁を狙う行動をしたかどうかは、審判の判断になります。

  • オープンスタンス
    おーぷんすたんす

    オープンスタンス(オープンスタンス)

    野球でオープンスタンスと言えば、バッターがピッチャー側に体を開き気味にして立つスタイルを指します。メリットとしては、インコースの球を打ちやすくなることです。また、通常のスタンスでは、ピッチャーが投げたボールを横目で追うことになるのに対し、オープンスタンスでは、正対する形になるため、左右のそれぞれの目とボールの距離がほぼ等しくなり、より三次元的にボールを追うことができるとも言われています。デメリットとしては、外角が打ちにくくなることや、球筋に合わせて、ステップした足の着地位置を変えることから、体の動きが大きくなるために、スウィングがぶれやすいと言われています。

  • オープン戦
    おーぷんせん

    オープン戦(オープンセン)

    オープン戦はプロ野球の公式戦の前に行なわれる調整試合のことで、セントラルリーグ・パシフィックリーグの球団に関係なく、交流戦のように試合を行ないます。調整試合のため指名バッター制などは球団の自由となり、試合は9回で打ち切られることが多いです。オープン戦においても順位や成績が算出されますが、オープン戦での成績が良いからと言って公式戦で調子がいいとも限らず、逆にここで首位辺りのチームは公式戦で低迷するなどのジンクスも存在します。

  • オールスターゲーム
    おーるすたーげーむ

    オールスターゲーム(オールスターゲーム)

    オールスターゲームとは、日本野球機構が主催するセントラル・パシフィック両リーグの選抜選手による対抗試合のことで、年によって地方球場などで試合が行なわれます。選手たちはポジションごとによるファン投票や監督・選手間推薦によって選出され、ストレート勝負など様々なパフォーマンスを行なって観客を盛り上げます。活躍した選手には賞金が贈られます。試合は9回で終了し、同一ピッチャーは3イニングまでしか投げることができません。

  • オールラウンドプレーヤー
    おーるらうんどぷれーやー

    オールラウンドプレーヤー(オールラウンドプレーヤー)

    オールラウンドプレーヤーは走塁・打撃・守備のすべてについて能力が高い選手や、内野・外野など様々な守備位置を守ることができる選手のことを言います。走塁や守備に特化した選手は数多く見られますが、走・攻・守の3拍子がそろった選手はなかなか見ることができません。また、守備位置に関しても多くの選手がひとつの守備位置に定着することが多く、内・外野や内野でも複数のポジションを守ることができる選手はチームでも貴重な扱いを受けます。

  • 押し出し
    おしだし

    押し出し(オシダシ)

    満塁のときに、四球や死球で出塁すると、すべてのランナーが塁をひとつ進むことになります。結果、三塁ランナーは、ホームインし1点が入ります。これが押し出しです。満塁で強打者を迎えたときに、長打やホームランを打たれて大量得点を奪われるなら、押し出し覚悟でピッチングをして、次のバッターを打ち取ればいいという戦略もあります。一番悲しくてあっけないケースが、9回裏満塁での押し出しではないでしょうか。作新学院時代の江川投手が、甲子園で銚子商相手にサヨナラ押し出ししたことは、今でも語り草になっている程です。

  • オブストラクション
    おぶすとらくしょん

    オブストラクション(オブストラクション)

    オブストラクションとは、「走塁妨害」のことを言います。守備側の野手が、ランナーの走行を邪魔する行為です。野手が打球の処理や、送球を行なっているときは該当しません。ランナーの走行線上でゴロをさばいていても構いませんが、捕球して送球したあと、その場に留まっていて、ランナーの走行の邪魔になっている場合は、オブストラクションが適用されます。守備をしているときは守備優先、守備が終わったらランナーに譲るということです。故意に行なわれることは少ないですが、挟殺プレーのときに、ボールを持っていない野手が走塁を妨げるときに発生することが見られます。

ページ
トップへ
ページトップへ戻る