ご希望の野球場情報を無料で検索できます。施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

文字サイズ

野球に関する用語(わ行)をまとめてご紹介しています。分かりやすく解説しているので、野球初心者の方でも安心してご活用頂けます。

野球用語集

野球用語を50音順に見やすくまとめました!探している用語の行を選択して下さい。

わ行

  • ワイルドピッチ
    わいるどぴっち

    ワイルドピッチ(ワイルドピッチ)

    ワイルドピッチとは、ピッチャーの投球が捕手の守備範囲から外れる程大きく逸れ、その投球によって塁上のランナーが進塁したときの記録のことを言い、日本語で「暴投」とも言われます。バッターによる投球のみに適応され、牽制球などその他の送球に関してはワイルドピッチにはなりません。ただし、捕手の守備範囲であっても捕手の前でバウンドした投球は当てはまります。また、ワイルドピッチによりランナーが進塁した場合は、記録的には盗塁のみ記録されますが、余計な進塁を許してしまった場合にはワイルドピッチも加えられます。

  • ワインドアップポジション
    わいんどあっぷぽじしょん

    ワインドアップポジション(ワインドアップポジション)

    ワインドアップポジションとは、ピッチャーの投球姿勢のうちのひとつです。構えたときに前方に来る足をピッチャーズプレート側に引きあげ、軸足でピッチャーズプレートを蹴る動きと同時に体重を後ろから前へ移動させる力を利用するのでボールに力をより伝えることができます。セットポジションに比べると、投球動作が大きくなり、投球までに時間がかかってしまうため、ランナーがいない状況や点差に余裕があったり、満塁や盗塁を特に気にしないでよい状況で用いられることが多い投球姿勢です。

  • ワンサイドゲーム
    わんさいどげーむ

    ワンサイドゲーム(ワンサイドゲーム)

    ワンサイドゲームとは、どちらか一方のチームが大量得点し、大きく点差が開いてしまった試合のことです。一般的には6〜7点以上開くとワンサイドゲームとよばれますが、何点差以上という具体的な規定はありません。プロ野球の試合では、同じ対戦カードであっても接戦になることもあれば、ワンサイドゲームになることもあり、その日その日の選手の調子などで左右されることもあるので、大きく点差が開いてしまったからといって一概にチームの実力差があるというわけではありません。

  • ワンポイントリリーフ
    わんぽいんとりりーふ

    ワンポイントリリーフ(ワンポイントリリーフ)

    ワンポイントリリーフとは、特定のバッター1人あるいは2人に対して限定的に投げるピッチャーのことで、ショートリリーフやスポットリリーバーとも呼ばれます。そのバッターを塁にだしても打ち取っても降板するので、対戦するバッター数が少なく、前後に投げるピッチャーの成績にも左右されるため、防御率や勝率での評価は難しくなります。ピッチャーとバッターの相性によるリリーフもありますが、一般的には左バッターには左ピッチャーが有利とされますので、プロ野球などでは特定のバッターを打ち取るのを目的にリリーフピッチャーを起用するワンポイントリリーフがよく見られます。

ページ
トップへ
ページトップへ戻る