ご希望の野球場情報を無料で検索できます。施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

文字サイズ

野球に関する用語(か行)をまとめてご紹介しています。分かりやすく解説しているので、野球初心者の方でも安心してご活用頂けます。

野球用語集

野球用語を50音順に見やすくまとめました!探している用語の行を選択して下さい。

か行

  • カーブ
    かーぶ

    カーブ(カーブ)

    カーブはピッチャーが投げる変化球のひとつで、利き手と逆の方向に曲がっていく軌道を描きます。変化球の基本となるため、最初に習得することが多いボールです。バッターのタイミングを外す目的に使われることが多く、速球との速度差によって打ちづらくなります。投げる際の手首の動かし方やボールの持ち方によってスピードや変化の度合いが変わり、非常に球速が遅いスローカーブや垂直方向に大きく変化するドロップカーブなど様々な種類の変化球があります。

  • 隠し球
    かくしだま

    隠し球(カクシダマ)

    隠し球とは、内野手などがボールをピッチャーに返したふりをして、グローブ内にボールを隠しておき、ランナーが塁から離れたときに触球してアウトにするトリックプレーのことです。ピッチャーにもある程度の演技力が必要になりますが、ボールを持っていないピッチャーがピッチャーズプレートをまたいだり、捕手とサインを交換したりするとボークになってしまいます。隠し球はボールインプレーのときに生じるため、一度タイムをかけてボールデッドの状態にすると防ぐことができます。

  • カットプレー
    かっとぷれー

    カットプレー(カットプレー)

    カットプレーとは、外野手からの返球を一度内野手やピッチャーが中継して塁上などにボールを送ることです。目的の場所に直接遠投するより、確実に返球することができ、塁から飛び出しているランナーをアウトにすることも可能です。捕手からはグラウンド一面やランナーの様子がよく見えるので、内野手などに送球の指示を送ることが多いです。また、カットプレーをしても塁上に野手がいないという状況が起こりえますので、野手同士の連携が重要になります。

  • カバー
    かばー

    カバー(カバー)

    基本的に一塁手は一塁、二塁手・遊撃手は二塁、三塁手は三塁を守りますが、状況に合わせて各選手が他の塁を守ることを言います。例えば、一塁側に送りバントが行なわれた場合は、一塁手は前進して捕球に向かいますので、二塁手が一塁へのカバーを行なうようになります。他にも、悪送球や打球に備えて野手の後ろで待機しておくカバーもあります。とっさの状況でもカバーが行なえるように周りの動きをみて、フォローを考えるプレーが求められます。

  • 完全試合
    かんぜんじあい

    完全試合(カンゼンジアイ)

    完全試合とは、先発投手が相手チームのバッターを一度も塁に出すことなく試合に勝利することで、安打はもちろんのこと死四球や失策(エラー)などによってもランナーを出すことがなかった試合のことを言います。高校野球などのコールドゲームでよく見られますが、9イニング以上試合が進むことで認められ、現在日本のプロ野球界では15人のピッチャーが達成しています。無失策という条件もありますので、ピッチャーだけが賞されるものではなくチームによる完全試合と言われることもあります。

  • 完投
    かんとう

    完投(カントウ)

    完投とは先発投手がその試合を一度も降板することなく、試合終了まで一人で投げ抜くことです。チームの勝敗や失点などは一切関係なく、完投しても負け投手になることもあります。これには投げるイニングも関係ないのでコールドゲームでも達成されることになります。高校野球では一人で何試合も連続して完投するピッチャーが良く見られますが、プロ野球では中継ぎや抑えなどといった救援投手の役割が大きくなっているので減少傾向にあります。

  • 完封
    かんぷう

    完封(カンプウ)

    完封とは、一人のピッチャーが試合終了まで投げ切り、相手に得点を与えずに勝利した場合に、勝利投手に与えられる記録です。0対0で引き分けの場合はこの対象にはなりません。ノーヒットノーランや完全試合は当然のことながら完封が前提になります。複数のピッチャーが交代で投げ、相手チームを0点に抑えて勝利した場合は、完封試合と呼びます。特殊なケースでは、初回にノーアウトで、無失点の状態からリリーフしたピッチャーが、試合終了まで投げ切り、勝利投手となった場合にも完封試合として記録されます。

  • 外野手
    がいやしゅ

    外野手(ガイヤシュ)

    外野手とは、外野を守る選手のことで、本塁から見て左から左翼手(さよくしゅ)・中堅手(ちゅうけんしゅ)・右翼手(うよくしゅ)と呼ばれます。外野手は1人当たりの守備範囲が広く、特に中堅手は広いので、ある程度の走力が必要になります。一方で、打球がそれほど飛んでくることもありませんので、左翼手などには打撃に特化した選手を置くチームも多くあります。守備に優れた外野手には走力だけではなく、ボールの落下地点を素早く予測し、最短距離で落下地点まで移動できる能力も必要となります。

  • 危険球
    きけんきゅう

    危険球(キケンキュウ)

    ピッチャーが意図的にバッターを狙った場合や、意図的ではなくても、頭部や顔面に当り、選手生命にかかわる危険な投球として審判が判断すると、危険球となります。危険球と判断されたら、ピッチャーもしくはピッチャーと監督に退場が命じられます。選手生命にかかわる程ではないと判断された場合は、警告措置が取られます。警告が出されると、次に同様の投球があった場合、どちらのチームのピッチャーであれ、即刻退場となります。また、次の試合でも死球が多くあった場合は警告試合とし、死球を与えたピッチャーは退場とするなどの措置がとられることもあり

  • キャッチャー
    きゃっちゃー

    キャッチャー(キャッチャー)

    ピッチャーの球を受ける役割で、一見すると地味に見えるキャッチャーですが、フィールドの監督と言われる程、キャッチャーは試合をコントロールしています。バッターの得意・不得意を判断し、ピッチャーが投げる球種・コースのサインを出したり、野手にポジションの指示を行なったりと、まさに試合全体を見ています。優勝チームに名キャッチャーありと言われたり、優勝時には陰のMVPと言われたりすることもあります。ピッチャーに返球するたびに、立ったり座ったり、内野ゴロではファーストへベースカバーに入るなど、体力面も優れていないと務まらないポジションです。

  • キャンプ
    きゃんぷ

    キャンプ(キャンプ)

    各球団が、公式戦の期間以外で、選手一同が同じ場所に集まり、練習などを行なうことをキャンプと呼んでいます。春期と秋期に行なうことが一般的で、春期はペナントレースが始まる前の2月頃から行ないます。目的はこれから始まる長いシーズンに備えての体づくりや、新人選手のアピールが主になっています。一方、秋期キャンプは、シーズンが終わったあとに行なわれ、技術力アップや苦手克服、体力作りが主な目的になっています。キャンプに入れば監督やコーチから指導を受けることができますが、その前の体作りとして自主トレを行なう選手も数多くいます。

  • 犠牲バント(犠打)
    ぎせいばんと

    犠牲バント(犠打)(ギセイバント)

    塁上にいるランナーを、自分がアウトになっても次の塁に進める目的で行なうバントを、犠牲バント(犠打)と言います。同じ目的で外野フライを打つ犠牲フライもありますが、犠牲フライの場合は、結果として犠牲フライになったとうケースも多々あります。犠打は記録上用いる言葉で、送りバントと表現されることが多いです。犠牲バントは、ボールの勢いを的確に殺し、狙ったところに転がすため高い技術が必要です。欧州であまり野球が盛んに行なわれない理由のひとつとして、自己犠牲の精神である犠牲バントがあまり理解されないからという意見もあります。

  • 犠牲フライ
    ぎせいふらい

    犠牲フライ(ギセイフライ)

    無死、または一死でランナーが三塁にいる場合、バッターが外野フライを打ち上げて、タッチアップで三塁ランナーがホームへ生還した場合に、犠飛(ぎひ)として記録されます。ランナー二塁のケースで、外野フライを打ち、タッチアップで二塁ランナーが三塁に進んだケースでは、犠飛は記録されません。外野に打ったフライがファウルゾーンで捕球されても、インプレーの状態のため、犠牲フライは成立します。なお、犠牲フライは打数にはカウントされません。

  • 逆指名
    ぎゃくしめい

    逆指名(ギャクシメイ)

    逆指名とは、1球団2名まで、選手側が希望する球団を指名できる制度のことです。通常はドラフト会議で球団が選手を指名し、交渉権を獲得して入団交渉に入りますが、1993年に大学生と社会人野球の選手に限り設けた制度です。「逆指名制度」はその後、「自由獲得枠制度」「希望入団枠制度」と名称を変えましたが、大学生と社会人だけに許されて、高校生に許されていない点や、人気球団だけが得をする、裏で激しい逆指名争奪戦が行なわれていることなどを指摘され、2007年に廃止されました。

  • クイックピッチ
    くいっくぴっち

    クイックピッチ(クイックピッチ)

    クイックピッチとは、打席に入ったバッターが、まだ十分な構えができていないにもかかわらず投球を行なうことを指して言います。これは反則投球で、ランナーがいなければボールの判定になり、ランナーがいればボークとなります。また、クイックリターンピッチというものもあります。これはキャッチャーからの返球後、すぐに投球を行なうもので、バッターのタイミングをずらす目的で行なわれたり、塁上のランナーに大きなリードをさせないために用いられます。クイックリターンピッチの際も、審判が、バッターの準備が不十分であったと判断すれば、クイックピッチとなります。

  • クイックモーション
    くいっくもーしょん

    クイックモーション(クイックモーション)

    ランナーの盗塁を阻止するためには、キャッチャーだけに頼るのは限界があります。少しでも早くキャッチャーの手元にボールが届く必要があり、そのために、ピッチャーには素早い動きで投げてもらわないとなりません。大きく上げていた足をスライドさせるように動かすとか、あらかじめ体をひねっておいてから、投球動作に入るなど、クイックモーションには色々なやり方があります。また、盗塁阻止だけではなく、バッターのタイミングをずらすために、通常のフォームにクイックモーションを混ぜてピッチングするピッチャーもいます。

  • クッションボール
    くっしょんぼーる

    クッションボール(クッションボール)

    打球が外野手の間を抜け、フェンスに勢いよく当たると跳ね返ってきます。これをクッションボールと言います。打球はバットで跳ね返されたとき、上回転や横方向に激しく回転が生まれていますので、クッションボールは予期せぬ方向へ跳ね返ることがあります。上手な外野手は、打球の角度や軌道、バッターが右か左か、ボールの勢いなどを総合的に瞬時に判断してさばきます。また、慣れていない球場では、試合前の練習で、クッションボールの練習を行ない、フェンスの特徴をつかんだりもします。

  • クラッチヒッター
    くらっちひったー

    クラッチヒッター(クラッチヒッター)

    クラッチヒッターとは、チャンスやプレッシャーのかかる場面でヒットを良く打つバッターのことを言い、個人の成績だと得点圏打率が高かったり勝利打点を多く稼いでいたりします。しかし、クラッチヒッターには具体的に得点圏打率や勝利打点に関する規定はなく、優勝決定戦や日本シリーズなどの重大なシーンで活躍すると印象が強いため、シーズン中やその試合で成績が特に良くなくても称されることがあります。

  • クリーンアップ
    くりーんあっぷ

    クリーンアップ(クリーンアップ)

    3番・4番・5番の打順のことで、塁上のランナーをすべて本塁に返して塁をきれいにすることからクリーンアップと呼ばれます。打撃の成績が良い選手や勝負強い選手が並べられ、チームの打撃の中心になります。基本的に3番・4番・5番がクリーンアップとなりますが、チームによっては4番・5番・6番にその役割を与えていることもあります。特に4番バッターはチームの中で最も打撃の優秀な選手が置かれることが多く、チームの顔となります。

  • クリーンヒット
    くりーんひっと

    クリーンヒット(クリーンヒット)

    クリーンヒットとは野手の間をきれいに抜けたヒットや内野手の頭を越えていくような鮮やかで文句のつけようもないヒットのことを言います。ライナー性の打球で、打った瞬間ヒットと分かるような打球が多いです。バットの芯でボールを捉えることによってクリーンヒットが生まれやすく、打たれたピッチャーは完全にやられたという気持ちになります。ランナーのいるいないや打点をあげた、あげていないは関係なく、単純にヒットのことだけを指します。

  • クローズドスタンス
    くろーずどすたんす

    クローズドスタンス(クローズドスタンス)

    クローズドスタンスとは、バッターの打撃フォームのひとつで、打席は左右関係なくピッチャー側の足をもう一方の足よりも本塁寄りに踏みこんで構えるフォームのことです。クローズドスタンスだと体が開きにくくなるので、センターや流し打ち方向に強い打球を飛ばせるようになります。体を少しねじった状態で構えるのでボールは少し見にくくなるという短所がありますが、アウトコースのボールを打ちやすくなるという大きな長所もあります。

  • クロスゲーム
    くろすげーむ

    クロスゲーム(クロスゲーム)

    クロスゲームとは、対戦する両チームの力が拮抗しており、接戦となっている試合のことを言います。どちらに流れが来るか分からないので、日本シリーズなどの大きい試合でクロスゲームとなると、見ている方も非常に白熱した息をつかせぬ試合になります。クロスゲームには、お互いに点がなかなか取れないような投手戦であったり、一方のチームが点を取るとすぐにもう一方のチームが追いつくといったような打撃戦など様々です。

  • クロスプレー
    くろすぷれー

    クロスプレー(クロスプレー)

    野手とランナーが塁上で接触するプレーのことを言います。野手側はアウトを取ろうとすることに対し、ランナーはベースに達してセーフになろうとスライディングするので必然的に激しいプレーになってしまいます。特に本塁でのクロスプレーは得点につながるのでランナーが捕手に体当たりすることもよく見られます。なお、野手はボールを持たない状況でベースをふさぐこと、ランナーは故意に送球を妨げることをしてはいけません。

  • グラウンドキーパー
    ぐらうんどきーぱー

    グラウンドキーパー(グラウンドキーパー)

    グラウンドキーパーとは、グラウンドに水をまいたりトンボと呼ばれる用具を用いて表面を均したりする人のことです。試合で使用するグラウンドが平らになっておらず、でこぼこな状態だと選手が足をひねってしまったり、イレギュラーバウンドによる怪我をしてしまったりする可能性が出てきます。グラウンドキーパーは表面を均すだけではなく、雨が降ったときのための水はけをよくしたり、水たまりができないように吸湿性を高める工夫も行なっています。

  • グランドスラム
    ぐらんどすらむ

    グランドスラム(グランドスラム)

    グランドスラムとは、満塁本塁打の別名で、特にアメリカでそう称されます。この言葉はもともとテニスやゴルフ、競馬などの他のスポーツの4大大会をすべて制覇することを指していましたが、満塁の場面でバッターが本塁打を打つと4点入り、4という共通の数字から野球においてもグランドスラムという言葉が使われるようになったという説があります。他の説としてトランプのゲームで得点を総取りすることをグランドスラムと呼んでいるので、点をたくさん取るという意味で使われるようになったという説もあります。

  • 敬遠
    けいえん

    敬遠(ケイエン)

    ピッチャーが今対戦しているバッターや次のバッターの能力を考えて意図的に四球を与えることを敬遠と言います。塁上にランナーがいる状況で、次のバッターが打撃力が低いバッターの場合は、今対戦しているバッターとの勝負を避けることがよくあります。また、同様にランナーがいてあと1点でも取られたら負けてしまうという状況だと、敬遠を続けて塁をすべて埋め、どこの塁に送球してもアウトになるようにすることもあります。勝負を避けていると批判されがちですが、敬遠も立派な戦略です。

  • ゲッツー
    げっつー

    ゲッツー(ゲッツー)

    ゲッツーとは、ゲットツーアウトの略で、守備をしているチームが一連のプレーで2つのアウトを取ることを言い、併殺・ダブルプレーとも言われます。2つのアウトを取ったとしてもアウトの間に失策(エラー)があると記録的にはゲッツーにはなりません。よく見られる例として、一塁にランナーがいる状況で内野ゴロとなり、二塁で一塁ランナーをフォースアウト(タッチせずにアウト)に取ったあと、一塁にボールを送って打者走者をアウトにするものがありますが、必ずしも打撃が関係するわけではなく、牽制などから起こることもあります。

  • コーチャーズボックス
    こーちゃーずぼっくす

    コーチャーズボックス(コーチャーズボックス)

    コーチャーズボックスとは、攻撃側のチームが一塁・三塁に配置できるコーチの定位置で、白線によって示されています。各コーチはコーチャーズボックスから出てはいけないという規定がありますが、ランナーに「走れ」や「戻れ」などの指示を出す際にはでてもよいことになっており、プレーの邪魔をしなければある程度黙認されています。プロ野球ではよくコーチャーズボックスから出ている状況が見られますが、相手チームが申し出ない限り問題にはなりません。

  • コーナーワーク
    こーなーわーく

    コーナーワーク(コーナーワーク)

    コーナーワークとは、ピッチャーが高めのインコース、低めのインコース、高めのアウトコース、低めのアウトコースの四隅にボールを投げ分ける投球術のことを言います。コーナーワーク技術が優れているピッチャーというのは言い換えればコントロールの優れているピッチャーということになり、四隅にボールを散らすように投げ分けて、さらに様々な変化球を織り交ぜた投球をすると、たとえボールのスピードや球威がなくてもバッターは非常に打ちづらくなります。

  • 故意落球
    こいらっきゅう

    故意落球(コイラッキュウ)

    故意落球とは、バッターがフライをあげたとき、内野手がボールに触れたあとに意図的に落球することです。落球したときに併殺(ダブルプレー)を取ろうという意思が見られた場合は故意落球と判断され、バッターはアウトとなりランナーはもとの塁に戻されます。内野手がボールに全く触れなかった場合は、このルールは適応されないので併殺を取ることも可能となります。また、外野手には故意落球はありませんので、浅いフライをわざと落としてフォースプレーを狙うというプレーもたまにですがみられます。

  • 高校野球
    こうこうやきゅう

    高校野球(コウコウヤキュウ)

    高校野球とは、高校生(中等教育学校後期課程も含みます)が行なう野球のことです。各地方予選を勝ち抜いた先に全国大会があります。全国大会として春に行なわれる選抜高等学校野球大会(選抜・春の甲子園)、夏に行なわれる全国高等学校野球選手権大会(選手権・夏の甲子園)、秋に行なわれる国民体育大会(国体)、明治神宮野球大会(神宮大会)があります。選抜と選手権大会は毎年テレビでおなじみの大会で、選手権の上位のチームが国体を戦います。そして、新チームの初めての全国大会が神宮大会になります。

  • コントロール
    こんとろーる

    コントロール(コントロール)

    コントロールとは、ピッチャーが捕手の構えたところや自分の投げたいところに正確に投球できる技術のことで、球速・変化球などと並び、ピッチャーにとって非常に重要な能力のひとつとなります。コントロールが良いと際どいコースを狙えるため、ボールのスピードや球威が落ちてもバッターに打たれにくくなったり、四死球を出しにくくなったりするので失点が少なくなります。コントロールを良くするには、腕や身体の動きなどの投球フォームを固定させることが最重要となります。

  • コンバート
    こんばーと

    コンバート(コンバート)

    コンバートとは、野手の守備位置を現在のものから転向することで、ピッチャーから野手、内野手から外野手、捕手から内野手、遊撃手から一塁手など内容は多種多様です。コンバートを行なう理由としては、年齢や怪我による能力の衰えや試合にでる機会を得るため、また監督などからの指示など様々で、コンバート後に活躍し始めた選手も数多くいます。特に、高校野球ではピッチャーをやっていたが、プロ球団に入団してからは野手に転向するといったことがよくみられます。

  • ゴールデングラブ賞
    ごーるでんぐらぶしょう

    ゴールデングラブ賞(ゴールデングラブショウ)

    ゴールデングラブ賞とは、野手の守備力を称えた賞で、プロ野球記者の投票によってポジションごとに9名が各リーグから選出されますが、外野手のみ左翼手・中堅手・右翼手の区別なく外野手として選出されます。野手では、チームの全試合数の半分の試合にひとつのポジションで出場していること、ピッチャーでは、規定投球回数以上投球しているか、また全試合数の3分の1以上投球していることという条件を満たせば選出資格が得られます。投票の結果、該当者なしが過半数を超えた場合は「該当者なし」となります。

ページ
トップへ
ページトップへ戻る