ご希望の野球場情報を無料で検索できます。施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

文字サイズ

野球に関する用語(さ行)をまとめてご紹介しています。分かりやすく解説しているので、野球初心者の方でも安心してご活用頂けます。

野球用語集

野球用語を50音順に見やすくまとめました!探している用語の行を選択して下さい。

さ行

  • サード
    さーど

    サード(サード)

    サードとは、三塁付近を守る野手のことです。サードには強烈な打球が飛んできやすいので、速い打球の捕球能力とボールを恐れない姿勢が重要になります。また、一塁までの距離が内野の中では遠いので、肩の強さや正確な送球能力も必要になります。内野手の中では二塁手や遊撃手ほど運動量もいらず、カットプレーなどで中継に入ることも少ないので日本のプロ野球では打撃力は高いが、あまり守備能力の高くない選手が配置されることが多いです。

  • サイクルヒット
    さいくるひっと

    サイクルヒット(サイクルヒット)

    サイクルヒットとは、1人のバッターが1試合で単打・二塁打・三塁打・本塁打(ランニングホームランも可)を打つことを言います。打つ順番は特に関係ありませんが、この順で打つと「ナチュラルサイクルヒット」と呼ばれます。達成者は連盟表彰をうけ、記録達成者として公式に名前が残されます。

  • サイドスロー
    さいどすろー

    サイドスロー(サイドスロー)

    サイドスローとは、ピッチャーの投球フォームのひとつで、ボールを投げる際に腕がグラウンドと水平になるように横投げで投げるフォームを言います。サイドスローは左右のコースの角度をつけやすいため、カーブやシュートのような横変化する変化球の効果が増します。ピッチャーの利き腕側に立つバッターにとっては、背中からボールが飛んでくるように感じるため、タイミングを取るのが非常に難しくなります。

  • サイン
    さいん

    サイン(サイン)

    捕手がピッチャーに投球の球種やコースを指示したり、監督やコーチがバッターやランナーに作戦を伝達する際に用いられる方法です。一般的に捕手が出すサインは指の数や手の形などで、監督やコーチは頭や胸、腕など様々な体の一部を順に触って出します。サインは相手チームに解読されないようにチーム内や選手間でしっかり決めておく必要があり、サインミスでヒットエンドランなどの作戦が失敗してしまわないように十分理解しておくことも大事です。

  • サウスポー
    さうすぽー

    サウスポー(サウスポー)

    サウスポーとは、左利きのピッチャーのことを言います。右利きのピッチャーに比べて人数が少ないため貴重な扱いを受けていましたが、最近ではサウスポーの数も増えてきています。投球する際に一塁に対面する形になるので、一塁ランナーに牽制のプレッシャーを与えることができ、右利きのピッチャーよりも盗塁を防ぎやすくなります。サウスポーは一般的に左バッターに有利とされますので、左バッターに対してワンポイントで登板する選手もいます。

  • サスペンデッドゲーム
    さすぺんでっどげーむ

    サスペンデッドゲーム(サスペンデッドゲーム)

    サスペンデッドゲームは現在採用されていないルールで、照明など設備の故障や日没、治安上試合が続行できない場合に一度中断し、後日改めて中断した状況から試合を再開することで、以前はパシフィックリーグでのみ採用されていました。照明設備のない球場では適応しなくなったことや治安上の問題が起こる可能性が著しく低いことから、2012年に理事会で採用しないことに決まりました。ちなみに、サスペンデッドゲームになったときのピッチャーや野手の記録はその試合が再開され、試合終了になるまでは有効になりませんでした。

  • サブマリン
    さぶまりん

    サブマリン(サブマリン)

    サブマリンとは、アンダースローとも呼ばれるピッチャーの投球フォームのひとつで、手が地面につきそうな位置からボールをリリースする下手投げのことです。バッターはボールが下から浮き上がってくるように感じ、変化球にいたっては再び落ちる軌道を描くため非常に捉えにくいです。アンダースローは体全身を使うフォームなので、他のフォームに比べてひじや肩への負担が少ないことから、故障によってやむを得ずアンダースローに転向するピッチャーもいます。

  • サヨナラ
    さよなら

    サヨナラ(サヨナラ)

    サヨナラとは、9回もしくはそれ以降の回で後攻のチームが決勝点を挙げることにより試合が終了することです。最終回の裏の攻撃は両チーム同点もしくは先攻のチームがリードしているときに行なわれ、後攻のチームがどんな形であれ決勝点を挙げると、後攻チームの勝利が確定するため、攻撃中であってもただちに試合は終了となります。決勝点のプレーにこのサヨナラをつけて、「サヨナラヒット」「サヨナラ本塁打」とよく使われます。

  • 三者凡退
    さんしゃぼんたい

    三者凡退(サンシャボンタイ)

    三者凡退とは、ひとつの回でバッターを1人も塁に出すことなく3人のバッターで3つのアウトを取ることを言います。死四球や失策(エラーなどによって出塁させてしまった場合や、併殺がからんだプレーにより、その回が3人のバッターで終了した場合などは三者凡退には当てはまりません。相手チームを三者凡退に抑えると、試合の流れが良くなりチームの士気があがります。特に、ピッチャーは初回を3人で抑えると次回以降にいいリズムで臨むことができます。

  • 三振
    さんしん

    三振(サンシン)

    三振とは、バッターが3つのストライクを取られてアウトになることです。空振りや見逃しなどがあり、2ストライク後のファウルチップや送りバントの打球がファウルになった場合も記録は三振となります。振り逃げ(捕手が投球を捕球できず、バッターが一塁へ進塁)に成功すると、記録的には三振になりますが出塁することができます。空振りはホームランを多く打つ強打者に多く見られますが、それは打ちに行こうという積極的な姿勢から生まれるものなので、この記録が多いからと言って一概に悪いバッターとは言えません。

  • 残塁
    ざんるい

    残塁(ザンルイ)

    残塁とは、回の攻撃が終了した際に塁上に残っていたランナーに対する個人の記録のことで、残塁が記録された選手の数を残塁数と言います。この数が多い選手は一般的にイメージはよくありませんが、それだけ塁にでていることを表されているので、打率などの数値も高くなります。チームとして塁上に残っているランナーが多いということはチャンスの場面で得点に結び付けることができていないことになり、ニュースや新聞などでは「拙攻(せっこう/下手な攻め方)」と表現されることもあります。

  • シーソーゲーム
    しーそーげーむ

    シーソーゲーム(シーソーゲーム)

    シーソーゲームとは、ひとつの試合中に逆転・再逆転が繰り返し起こり、シーソーのように試合がどちらのチームに転ぶか分からない試合のことを言います。シーソーゲームに厳密な定義はなく、何回以上逆転・再逆転が起こらなければこれにはならないという規定は存在しませんので、最初リードしていたチームが一時、相手チームに逆転されたが、結果的には勝利したという場合であってもシーソーゲームと呼ばれることがあります。

  • 刺殺
    しさつ

    刺殺(シサツ)

    刺殺とは、バッターやランナーが守備をしている選手に直接アウトを取られることを言い、アウトにした守備選手に記録されます。フライを捕球したり、塁から離れている選手に触球した場合は、捕球や触球した選手に記録され、塁上にボールが送られてアウトになった場合は、送球を受けた選手に記録されます。守備妨害によるアウトは、守備妨害を受けた選手がいればその選手に、打球がランナーなどに当たった場合は最も近くにいた選手に記録され、三振の場合は捕手に記録されます。

  • シフト
    しふと

    シフト(シフト)

    試合の状況や相手のバッターにあわせて野手が守備位置を変えることをシフトと言います。基本的にはアウトを効率的に取るためのもので、守備のセオリーのひとつです。相手チームに「点を取られないこと」を重視して行なう場合もあります。特に有名なものは、王シフトと呼ばれる世界のホームラン王、王貞治氏に対するものです。極端に一塁ベース側に寄ったポジションを取り、三塁手が二塁ベース周辺で守ったりします。これは打球の殆どが、右方向に飛ぶという王のデータに基づいた作戦です。

  • 指名バッター
    しめいばったー

    指名バッター(シメイバッター)

    指名バッターとは、攻撃専門の選手のことで、試合での攻撃の際にピッチャーの代理として打席に立ちます。DH(designated hitter の略)という場合もあります。指名バッターは、日本のプロ野球では1975年からパ(パシフィック)リーグが採用しており、日本シリーズでは1985年から採用され、現在では、パ・リーグの本拠地で行なわれる試合の際に採用されています。効果としてはピッチャーがバッターボックスに入らないことで、平均打率の向上、ピッチャーの完投数の向上、試合時間の短縮等が挙げられます。

  • シャットアウト
    しゃっとあうと

    シャットアウト(シャットアウト)

    野球の試合において、試合終了まで相手を0点に抑えることを「シャットアウトする」と言います。英単語の意味では「締め出し」という意味があります。ピッチャーは、途中で交代して何人投げてもかまいません。基本的には試合終了までの9回、相手に得点を取られず0点で抑えれば、相手をシャットアウトしたことになります。シャットアウトは、別の言い方で「完封」とも言います。複数のピッチャーによって完封した場合は「完封リレー」と言われます。

  • シュート
    しゅーと

    シュート(シュート)

    シュートボールとは、ピッチャーが投げる変化球のうちのひとつです。右ピッチャーでは右へ、左ピッチャーでは左へ、それぞれ変化する球種です。シュートボールは、回転軸の違いによって、曲がりながら沈むボールと、縦にはほとんど変化せず横方向に曲がるボールとの2つのタイプがあります。球筋がストレートに近く、バッターの芯をはずしやすいため、ゴロに詰まらせて打ちとったり、ファウルボールを打たせてストライクを稼ぐのに有効とされています。

  • 守備妨害
    しゅびぼうがい

    守備妨害(シュビボウガイ)

    野球では原則、打球に対する守備を行なう野手が優先されます。つまり、ランナーが打球の処理を行なっている野手を妨げたり、野手の送球を妨げたりすると、守備妨害(インターフェア)とみなされ、そのランナーはアウトになります。また、審判やボールボーイ、観客など試合に直接かかわらない者も、守備妨害に該当する可能性があります。フェアの打球が審判にあたってしまった場合や、野手の守備を妨げてしまった場合、またフェアボールをボールボーイが誤って捕球してしまった場合など、故意でなくても守備妨害に該当するケースが発生することがあります。

  • ショート
    しょーと

    ショート(ショート)

    ショートは、別名「遊撃手」とも言います。英語ではショートストップと言い、守備番号は6です。二塁手(セカンド)と三塁手(サード)の間を守る野手で、内野はもちろん、外野手やピッチャーのカバー、けん制や盗塁のカバーなど、守備範囲が広く、打球の処理にも技術を要するため、守備が巧い人が配置されることが多いようです。一塁手と二塁手の間には同様の野手が配置されていませんが、これは、打球が左に飛ぶことが多いことから、ショートの守備位置が生まれたと言われています。

  • ショートバウンド
    しょーとばうんど

    ショートバウンド(ショートバウンド)

    ショートバウンドとは、野手の手前でバウンドするボールのことです。ショートバウンドの捕球は、バウンドした直後に捕球するため、脚でタイミングを計ってボールに合わせる必要があります。ショートバウンドの捕球は、下からボールが上がってくるタイミングになるため、身体が逃げてしまうと取り損ねてエラーをしかねません。ボールに対してグローブを引くのではなく、突き出すようにして捕球するとよいと言われています。

  • シンカー
    しんかー

    シンカー(シンカー)

    シンカーボールとは、変化球のひとつで、ピッチャーの利き腕方向に曲がりながらバッターの近くで沈むボールです。シュートに似ていて、基本的には人差し指と中指をそろえた握り方で、回転をかけて投げます。そして、シュートと同様に、芯をはずしてゴロを打たせて打ち取ることを狙えるボールでもあります。投げ方の特性で、サイドスローのピッチャーに投げやすい球種で、カウントを有利に持ち込めば、大きな武器になり得るボールです。

  • 自責点
    じせきてん

    自責点(ジセキテン)

    自責点とは、ヒットや死四球、暴投などピッチャーの責任とされる失点のことです。野手のエラーや打撃妨害、ファウルフライのエラー後のヒットなどによって出塁したランナーによる得点は自責点とはなりません。また、3つ目の取れるべきアウトが野手のエラーなどで取れなかった場合はそれ以降の失点は自責点に含まれません。塁上にランナーを残した状態でピッチャーが交代した場合は、エラーなどによる出塁でなければ基本的にランナーによる得点は前ピッチャーに自責点として記録されます。

  • ジャストミート
    じゃすとみーと

    ジャストミート(ジャストミート)

    ジャストミートとは、ボールをバットの芯で捕らえることです。ボールを芯でとらえることによって、ボールが遠くに飛び、長打になったり、ホームランになったりします。最近では、2011年より統一球が採用されるようになり、芯でとらえないとボールが飛ばないと言われるようになりました。しかし、ジャストミートすれば、統一球の影響は受けることは少ないと言われています。

  • ジャッグル
    じゃっぐる

    ジャッグル(ジャッグル)

    ジャッグルとは、お手玉状態や送球動作に移ろうとしてグラブから投げ手にボールを持ちかえようとしたときにちゃんと掴めずボールが踊ったような状況を言います。似たような言葉で、ファンブルという言葉があります。ファンブルとは、グラブにいったん入れたものの間髪入れず落としたり、ちゃんとグラブの中心に入らず弾いたりする状況のことを言います。つまり、ボールをグラブで取る動作自体で弾いたりする失敗のことを「ファンブル」、ボールを取ってから送球するまでの一連の動作のなかで失敗することを「ジャッグル」と言います。

  • スイッチヒッター
    すいっちひったー

    スイッチヒッター(スイッチヒッター)

    左右どちらでもバッティングができる選手のことを「スイッチヒッター」と言います。野球では通常、ピッチャーの利き腕に対して逆の打席の方がバッターに有利と言われます。つまり、右投げのピッチャーには左バッターが有利、ということです。スイッチヒッターは、ピッチャーに合わせて自分の有利な方の打席に立てる、というメリットがあります。また、ルール上は、打席に入ったあと、途中でも反対のバッターボックスに立つことができます。

  • スイングアウト
    すいんぐあうと

    スイングアウト(スイングアウト)

    スイングアウトとは、空振りによる三振のことを指します。バッターカウントがツーストライクのとき、次のボールで空振りをしてしまった場合、審判からスイングアウトを告げられ、バッターはアウトとなります。この言葉そのものは和製英語です。

  • スクイズ
    すくいず

    スクイズ(スクイズ)

    スクイズとは、ランナーが三塁にいるときにバッターがバントをし、三塁ランナーがホームインすることです。スクイズをしたバッターは、通常一塁でアウトになるので、アウトカウントが0か1の場合に行なわれる作戦です。バッターと三塁ランナーの連携が不可欠なサインプレーで、1点を争うトーナメント方式の大会が多い高校野球でよくみられるプレーでもあります。三塁線に転がすバントで、三塁手にバント処理をさせるのが基本です。バントに失敗した場合は、飛び出した三塁ランナーが本塁間に挟まれてアウトになるケースが多いため、高いバントの技術が必要です。

  • スクエアスタンス
    すくえあすたんす

    スクエアスタンス(スクエアスタンス)

    野球で言うスタンスとは、バッターが構える両足の位置のことを指します。スタンスには大きく分けて3つの形がありますが、そのうちのひとつがスクエアスタンスです。これは、バッターボックスの長辺に対して平行に両足を置く、もっとも基本的なスタンスです。他には、片足の出し方によってクローズドスタンス、オープンスタンスがあります。

  • スクラッチヒット
    すくらっちひっと

    スクラッチヒット(スクラッチヒット)

    スクラッチヒットとは、普通であればアウトになるような打球が、偶然ヒットになることを指します。ボールがイレギュラーバウンドしたり、当たりそこないの打球がヒットになった場合などに、スクラッチヒットと呼ばれます。スクラッチには「ひっかく、こする」などという意味があります。スポーツではよくあることですが、野球でもこのようなラッキーなヒットからチャンスが広がり、得点に結びつくようなことも多々あります。

  • スコアリングポジション
    すこありんぐぽじしょん

    スコアリングポジション(スコアリングポジション)

    スコアリングポジションとは、「得点圏」とも呼ばれ、ランナーが二塁または三塁にいる状態のことを指します。通常、一塁にランナーがいる状態では、次にヒットが出ても進塁するにとどまる可能性が高く、直接得点に結びつくことは多くありません。しかし、二塁、三塁にランナーがいると、ヒットが1本出れば1点を取られる可能性が高いことから呼ばれます。また、スコアリングポジションにランナーがいる場合の打率を「得点圏打率」と言い、バッターの勝負強さを測る目安として使われています。

  • スターティングメンバー
    すたーてぃんぐめんばー

    スターティングメンバー(スターティングメンバー)

    スターティングメンバーとは、試合開始時のメンバーのことを指す言葉です。野球に限らず、試合途中で選手交代が行なわれる団体スポーツ全般で使われます。他に、スターティングオーダー、スターティングラインナップなどと呼ばれる他、「スタメン」と略されることもあります。各ポジションの中で優れた選手が選ばれることが多いですが、選手のコンディションや相手との相性、戦術によって変更される場合もあります。

  • スチール
    すちーる

    スチール(スチール)

    野球のスチールとは、盗塁のことを指します。一塁のランナーがそのまま二塁、三塁、本塁の盗塁をした場合は「サイクルスチール」または「パーフェクトスチール」と言い、1、2塁にランナーがいて、同時に盗塁することは「ダブルスチール」、まれなケースですが、3塁ランナーが本塁を突くことを「ホームスチール」と言います。

  • ストッパー
    すとっぱー

    ストッパー(ストッパー)

    野球でストッパーとは、先発ピッチャーが降板したあとを救援するピッチャーのことを言います。リリーフピッチャーとも呼ばれます。ストッパーと呼ばれるピッチャーは、継投というよりは、主に相手の攻撃を止めるために登板することが多く、バッターとの相性などによって、ピンポイントで使われるケースもあります。ストッパーは、投げるイニングが短く、球数も少ないことから、数試合連続して登板するケースが多く、また、チームがピンチの場面で登板することも多いため、プレッシャーに強く、勝負強いという長所が求められます。

  • ストライク
    すとらいく

    ストライク(ストライク)

    野球でストライクとは、ピッチャーが投げたボールについて、審判が判定するもので、バッターが空振りした場合や、バッターがスイングしなくてもストライクゾーンと呼ばれる領域をボールが通過した場合などに宣告される判定です。審判が右手を挙げるなどのジェスチャーで宣告します。バッターは、ストライクカウントが3になるとバッターアウトとなります。日本では、戦時中は野球で英語を使うことが禁止されていたため、「よし」という言葉が使われていたと言われています。

  • ストライクアウト
    すとらいくあうと

    ストライクアウト(ストライクアウト)

    野球でストライクアウトとは、ストライクカウントが3になりバッターがアウトになることを指します。つまり、三振のことです。ツーストライクにバッターが追い込まれた状態で、次のストライクボールを見逃したり空振りした場合、審判からストライクアウトが宣告されます。テレビ中継などでは、「ストライク、バッターアウト」と実況されることが多いようです。戦時中で英語を使えず、野球用語を日本語に訳していた時代では、アウトは「ひけ」、「それまで」という言葉が使われていたと言われています。

  • ストライクゾーン
    すとらいくぞーん

    ストライクゾーン(ストライクゾーン)

    ストライクゾーンとは、ルール上、バッターの肩の上部とズボンの上部との中間点にある水平のラインを上限とし、膝の下部ラインを下限とする「本塁上の空間」とされます。この空間を通過するボールがストライクと判定され、通過しない場合はボールと判定されます。しかし、ストライクゾーンは目に見えるものではないため、それぞれの審判の裁量によって異なったり、日本のプロ野球やMLBなど、リーグによって異なったりするのが現実です。

  • ストレート
    すとれーと

    ストレート(ストレート)

    ストレートとは、一番オーソドックスな球種で、「直球」とも言われます。言葉の通り、ボールの軌道に変化がなく直線的な軌道のボールのことを言います。ピッチャーの地肩の強さが出る球種でもあるので、ストレートが速いピッチャーは、磨けばそれだけで十分な武器になり得ます。基本的には、人差し指、中指、親指の3本の指で握り、薬指と小指は折り曲げます。縫い目に人差し指と中指がかかると回転が増えるので、さらにスピード・パワーを備えたボールになります。

  • スナップ
    すなっぷ

    スナップ(スナップ)

    主に手首の屈伸の動きのことを指し、スナップが強い、とかスナップが利いている、などと使われます。スナップをうまく使えるピッチャーは、効率的な力で伸びのあるボールを投げることができます。逆に、スナップを使わない投げ方のことを「球を置きにいくような投げ方」と言うことがあります。

  • スピットボール
    すぴっとぼーる

    スピットボール(スピットボール)

    ピッチャーが投げるボールに「不正投球」と呼ばれるものもあります。スピットボールとはその中のひとつで、野球のルール上禁止されているボールです。ピッチャーがボールに唾液や汗をつけて握って投げることで、ボールに不規則な変化を与える投球のことを言います。水分がつくことでボールが滑りにくくなり、通常投げるのとは異なる回転が起きたり、予想外の変化がついたりすることが危険なため、現在は禁止されています。メジャーリーグでは、1920年にスピットボールが禁止されました。

  • スプリットフィンガード・ファーストボール
    すぷりっとふぃんがーど・ふぁーすとぼーる

    スプリットフィンガード・ファーストボール(スプリットフィンガード・ファーストボール)

    スプリットフィンガード・ファーストボールとは、高速フォークとも呼ばれる球種で、日本ではスプリットと略して呼ばれ、アメリカではスプリットフィンガード・ファーストボールの頭文字を取ってSFFと略して呼ばれることが多いです。フォークボールとの違いはあいまいですが、フォークよりも浅めにボールを握り、手首を固定して投げるので、変化球の中でもひじや肩への負担が大きく、これを武器にしているピッチャーにとっては、ひじや肩との痛みや怪我とうまく付き合うことが必要となります。

  • スライダー
    すらいだー

    スライダー(スライダー)

    スライダーとは、変化球のうちのひとつで、リリース時にボールの外側を切るようにして投げることにより、利き腕と反対方向に曲がる変化球のことを言います。カーブとの違いは、カーブがリリース後、自然に曲がっていくのに比べて、スライダーはある一点で急速に曲がる点です。変化の幅はカーブ程ではありませんが、急に変化するためバッターに見破られにくく、打ち取りやすい変化球です。また、ストレートとの球速差がほとんどないものは高速スライダーと呼ばれます。

  • スライディング
    すらいでぃんぐ

    スライディング(スライディング)

    スライディングとは、進塁するときに行なうプレーで、足から滑りこむ場合と、頭から滑りこむ場合があります。主に低い位置で塁に触れるため、野手に触球されるまでの時間稼ぎをしたり、オーバーランや野手との衝突を避けるために行なわれますが、場合によっては、胸を強打したり、手を踏まれるなどの大きな怪我につながるリスクもあるため、あえて避ける選手もいると言われます。

  • スラッガー
    すらっがー

    スラッガー(スラッガー)

    長打力のある強打者のことをスラッガーと呼びます。野球は1チーム9人で行なうスポーツですが、打順で言うと3番、4番、5番といったクリーンナップを担う場合が多く、1番2番のバッターが塁に出て、3番からの強打者の長打により得点を挙げる、というパターンが野球のセオリーと言えます。以前の日本のプロ野球では、スラッガーと呼ばれる強打者は、助っ人外国人であるケースが多かったものの、最近は、生え抜きの選手が4番を任されているチームも多くあります。

  • スリークォータースロー
    すりーくぉーたーすろー

    スリークォータースロー(スリークォータースロー)

    スリークォータースローとは、ピッチャーの投球フォームの呼び名で、肩より少し上、利き腕で描く半円でおよそ4分の3の位置から腕を振って投げるフォームのことを言います。厳密にフォームを見分ける位置はありませんが、オーバースローとサイドスローの中間で投げる投球フォームで、他のフォームに比べると、比較的、肩や肘への負担を軽くでき、同時にコントロールやスピードも保てるというメリットがあります。変化球については、振り下ろす腕が斜めになっていることから、横に変化する球種に強いという特徴があります。

  • スリーバント
    すりーばんと

    スリーバント(スリーバント)

    スリーバントとは、カウントが2ストライクになったときに行なうバントのことを言います。このように特別な呼び方をされるのは、2ストライク後のバントがファウルボールだった場合には、バッターは三振でアウトになる、という特別なルールが存在するためです。

  • スリーフットライン
    すりーふっとらいん

    スリーフットライン(スリーフットライン)

    スリーフットラインとは、野球場にひかれているラインのひとつで、本塁と一塁を結ぶファウルラインの中間点から、平行にファウルグラウンドにひかれているラインのことです。スリーフットラインとファウルラインで囲まれた部分は「フリーフットレーン」と呼ばれ、一塁手が守備を行なっているとき、ランナーがスリーフットレーンの外側を走って守備の動きを妨げた場合、守備妨害と判断されアウトとなります。

  • セーフ
    せーふ

    セーフ(セーフ)

    セーフとは、言葉の通り「間に合うこと」を意味し、基本的には「セーフ」の声とあわせて、審判が左右に大きく手を広げるジェスチャーを取ります。少し異なるジェスチャーでは、打球がフェアかファウルかをジャッジする場合、フェアグラウンドを指さすジェスチャーをすることが、「セーフ」に代わるものとなります。

  • セーブ
    せーぶ

    セーブ(セーブ)

    セーブとは、リードしているチームのリリーフピッチャー(中継ぎ・抑え)がリードを守りぬき試合終了を迎えることを言います。リリーフピッチャーがセーブを記録するには、3分の1イニング以上の投球回が必要です。ピッチャーの花形は先発ピッチャーですが、近年では「絶対的守護神」という言葉も生まれるなど注目されるようになり、最多セーブを記録したピッチャーには、シーズン終了後タイトルが与えられます。

  • セカンド
    せかんど

    セカンド(セカンド)

    セカンドポジションとは、二塁手のことを指します。ピッチャー、キャッチャー、センター、ショートとともにセンターラインを担い、守備においてとても重要なポジションと言えます。したがって、守備の技術や判断力が優れた選手が配置されることが多いポジションです。打球が飛んでくる回数も多く、また、その打球もフライからライナー性の当たり、ゴロと多種多様です。周辺のカバーに入ることも多く、守備範囲が大変広く、ゲーム中のあらゆる場面において適応能力が求められます。

  • セットアップポジション
    せっとあっぷぽじしょん

    セットアップポジション(セットアップポジション)

    セットアップポジションとは、ピッチャーがボールを投げる前に取る必要がある姿勢のうちのひとつです。マウンド中央にある細長いピッチャーズプレートに片足を置き、反対の足を本塁方向に置いて構えます。その状態でいったん止まってからボールを投げます。ボールを投げるまでの時間が早く済むので、一般的にはランナーがいるときに使われるポジションです。その他に、ワインドアップポジションがあります。

  • セントラルリーグ
    せんとらるりーぐ

    セントラルリーグ(セントラルリーグ)

    日本のプロ野球は、セントラルリーグとパシフィックリーグの2つで構成されています。セントラルリーグが結成されたのは1950年で、現在、読売ジャイアンツ、中日ドラゴンズ、東京ヤクルトスワローズ、広島東洋カープ、阪神タイガース、横浜DeNAベイスターズの6球団が所属しています。一軍に選手登録できる外国人選手は、合計4名までとなっています。順位は、勝率によって決められますが、勝率が並んだ場合は勝利数を優先します。また、レギュラーシーズンの上位3球団が、日本シリーズ出場をかけてクライマックスシリーズを戦います。

ページ
トップへ
ページトップへ戻る