ご希望の野球場情報を無料で検索できます。施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

文字サイズ

野球に関する用語(ら行)をまとめてご紹介しています。分かりやすく解説しているので、野球初心者の方でも安心してご活用頂けます。

野球用語集

野球用語を50音順に見やすくまとめました!探している用語の行を選択して下さい。

ら行

  • ライト
    らいと

    ライト(ライト)

    ライトとは、外野手で捕手から見て右側を守る選手のことを言います。日本では「右翼手」とも呼ばれます。三塁までの距離が遠く、ヒットやタッチアップでチャンスを広げようと積極的に三塁を目指すランナーの進塁を防ぐために、外野手のなかでも特に肩の強さが必要となってくるポジションです。以前の少年野球では、左バッターや流し打ちのできる右バッターの数が少なく、ボールが飛んでくる機会が少なかったため、比較的守備の苦手な選手が置かれることが多かったポジションでしたが、最近では左バッターが増えたことにより、高い守備力が必要となってきています。

  • ライナー
    らいなー

    ライナー(ライナー)

    ライナーとは、直線的に低い弾道でボールが飛んでいく飛球のことです。ボールが高く上がるフライと区別して使われますが、明確な基準はなく主観的に判断されることがほとんどです。ライナーは非常に鋭くて速い打球が多いので、内野手などの正面に打球が飛んでしまうと、すでに次の塁へ飛び出していたランナーが戻れないことがあり、併殺を取られてしまうプレーがよく見られます。なお、低い飛球とフライの中間のような打球は「ハーフライナー」と呼ばれています。

  • ラインアウト
    らいんあうと

    ラインアウト(ラインアウト)

    ラインアウトとは、ランナーがタッチプレーを避けるために走路から外れ、アウトになってしまうプレーのことを言います。走路の幅は、ベースラインから左右に3フィートずつ(合計約1.8メートル)になり、タッチプレーをかいくぐっても走路から外れてしまうとアウトになります。タッチプレーでのみ適応されるので、長打などで走路を外れて膨らんで走る分には問題ありません。また、走路内を走っていても、野手の守備を妨げてしまった場合は守備妨害となります。

  • ラインナップ
    らいんなっぷ

    ラインナップ(ラインナップ)

    ラインナップとは、バッターの打順のことを言います。オーダーやスターティングメンバーなどともよばれ、1番から9番までの選手名・守備位置などが試合開始までに登録・発表されます。指名バッター制度が採られるパシフィックリーグでは、ピッチャーの代わりに指名バッターが打順に加えられ、ピッチャーは別枠で表示されることもあります。各球団のホームグラウンドで試合を行なう場合には、ホーム側のチームのラインナップを一人一人演出付で発表することもあります。

  • ランナー
    らんなー

    ランナー(ランナー)

    ランナーとは、ヒットや死四球などで出塁した打者のことを言います。他に、一塁に達する前のランナーについては、打者走者と言い、ランナーとは区別しています。ランナーは、一塁・二塁・三塁・本塁の順に進塁し、本塁に到達することで攻撃側チームの得点になります。ボールインプレー時にはいつでも進塁を試みてもいいですが、飛球(フライ)の場合は捕球される瞬間までランナーは投球時にいた塁に触れていなければならず、進塁は捕球以降に行なわなければなりません。

  • リーディングヒッター
    りーでぃんぐひったー

    リーディングヒッター(リーディングヒッター)

    リーディングヒッターとは、規定打席に達しているバッターのうちシーズン中の打率が一番高い選手のことで、日本語では「首位打者」と言います。セントラル・パシフィックの各リーグから1名選出・表彰されます。近年ではバッターを評価する際に、本塁打数や打点数などの数値が用いられるようになりましたが、プロ野球創設当初は、打率のみが用いられていた程、歴史のあるタイトルです。他のタイトルに比べて打席数が多ければ多い程獲りやすいというわけではないことから、打撃部門の中でも価値のあるタイトルとされています。

  • リードオフマン
    りーどおふまん

    リードオフマン(リードオフマン)

    リードオフマンとは、打順で1番を打つ選手のことを指し、トップバッターなどとも言われます。野球は先制点が重要となることが多いので、リードオフマンにはヒットや死四球による出塁率、出塁してからの盗塁・走塁技術など、とにかく出塁して本塁に生還することが求められます。シーズンを通して一番打席が回ってくるので、俊足を活かした選手ではなく、長距離バッターをリードオフマンにしているチームもたまにみられます。

  • リリースポイント
    りりーすぽいんと

    リリースポイント(リリースポイント)

    リリースポイントとは、ピッチャーが投球の際にボールを離す位置のことです。投球によらず、常に同じリリースポイントを保つと安定したコントロールが得られますが、変化球の種類などで位置が異なることが多いです。一般的に、リリースポイントはバッターに近い方がボールに力が加わりやすく、バッターもタイミングが取りにくくなるため良いと言われていますが、なかなか意識して修正を行なうことが難しいので、自分の投げやすいポイントを見付けることも大切であると言われています。

  • リリーフピッチャー
    りりーふぴっちゃー

    リリーフピッチャー(リリーフピッチャー)

    リリーフピッチャーとは、先発ピッチャーや他のピッチャーが降板したあとに登板するピッチャーのことです。試合を決定付ける回などの場面で登板する「抑え」、先発と抑えの間の回を投げる「中継ぎ」、特定のバッターに対してのみ登板する「ワンポイントリリーフ」など役割によって様々な呼ばれ方があります。最近のプロ野球では、完全に役割分担されることがほとんどで、短い回を投げるリリーフピッチャーは何試合も連続で登板したりと、出場試合数が増えることが多くなります。

  • ルーキー
    るーきー

    ルーキー(ルーキー)

    ルーキーとは、そのチームに入団して1年目の選手のことを言い、新人とも言われます。基本的にプロ野球や社会人野球の世界で用いられる言葉で、プロに初めてなった選手は高卒・大卒・社会人野球などの経歴は問わず、1年目の選手はすべて「ルーキー」と言われます。注目選手がルーキーとして入団すると、マスメディアなどで大きな活躍を期待されますが、プロの世界は厳しく、入団して一年目で活躍する選手はそれ程多くは見られません。

  • 塁打数
    るいだすう

    塁打数(ルイダスウ)

    塁打数とは、単打を1、二塁打を2、三塁打を3、本塁打を4として計算するなど、打撃成績の指標となる値のことを言います。塁打数を打数で割ることで長打率が算出されますので、記録上は塁打数が多ければ多い程、長打率は高くなります。プロ野球では1試合の最多塁打記録として18塁打、シーズンの最多塁打記録として376塁打という記録がうちたてられています。

  • レフト
    れふと

    レフト(レフト)

    レフトとは、捕手から見て左側を守る外野手のことで、日本語で「左翼手」とも呼ばれます。比較的多いとされる右バッターの打球を捕球する機会が多くなるので、正確な捕球能力や無駄な進塁を防ぐ俊敏さなどが求められるポジションです。左バッターの多いプロ野球では、打撃力はあるが守備力の高くない選手が置かれることが多く、ゴールデングラブ賞にレフトの選手が選ばれないことは多々あります。

  • ロージンバック
    ろーじんばっく

    ロージンバック(ロージンバック)

    ロージンバックとは、滑り止めの白い粉末の入った布の袋のことで、握ったり軽く叩いたりすることで粉が繊維の隙間からでてきて、その粉によって滑り止めの効果が生まれます。ピッチャーが投球に際して使用されることが多いですが、不正を防ぐために公式のものが使用され、置く場所もピッチャーズプレートの後ろと決まっています。また、素手にのみ使用してよいという規定があり、ボールやグローブ、バット、ユニフォームなどに使用することは禁止されています。

  • ローテーション
    ろーてーしょん

    ローテーション(ローテーション)

    ローテーションとは、シーズンの試合で先発ピッチャーを登板させる順番のことで、5〜6人程度で回されることが多いです。先発ピッチャーの疲労回復などのため複数ピッチャーによって組まれますが、このメンバーに入ることはチームの先発の柱になることから、ピッチャーにとっては非常に名誉なことです。疲労の蓄積やケガによってローテーションから外れてしまうことも多く、シーズンを通してローテーションを守りきることは選手にとってもチームにとっても重要になります。

  • ロッキングモーション
    ろっきんぐもーしょん

    ロッキングモーション(ロッキングモーション)

    ロッキングモーションとは、ピッチャーが投球する際、ワインドアップポジションに入るときに腕や上体を動かす動作のことで、反動をつけることによって球威が上昇するとされています。以前は腕をぐるぐる回したりするような独特のロッキングモーションを行なう選手もいましたが、ボークの判定が厳しくなったため、激しいロッキングモーションは見られなくなりました。また、振りかぶったときにグラブが静止するロッキングについても、ボークとみなす規定がありましたが、現在では撤廃されています。

  • ロングヒット
    ろんぐひっと

    ロングヒット(ロングヒット)

    ロングヒットとは、二塁打・三塁打・本塁打のことを指し、「長打」とも言われます。また、ロングヒットをよく打つ選手のことを「ロングヒッター」または「長距離バッター」と称します。塁上にランナーがいる状態でロングヒットを打つと、高い確率で得点に結びつくため、野球の試合においてロングヒッターはチームの中軸に並べられることが多いです。一般的に長打はパワーのあるバッターに多いとされますが、必ずしもそうではなく、俊足を活かした長打も存在します。

ページ
トップへ
ページトップへ戻る